海辺の飛び猫


三浦市の猫

 この台風が行ってしまえば、雨がちな天気とおさらばできる。傘マークが並んでいた天気予報は、明日の10時以降すべて晴れマークに変わっていて、その後は秋らしい冷涼な日々が続きそうだ。滞っていた知り合い猫巡りもきっと捗るに違いないので、今から楽しみにしている。
 台風が最接近するのは明朝7時~8時ごろになりそうで、自宅からかなり近い地点を通過するようだが、明日は夜勤なので通勤や猫散歩に影響はないと思う。影響があったといえばむしろ今日で、夜勤明けの帰り道、妻と待ち合わせて衆院選の投票に行ったら、思ったより風があってずぶ濡れになってしまった。猫探しもせずにまっすぐ家に帰ったので、今日は18日に会った海辺の猫の続きを載せることにする(前回の記事はこちら)。
 雨続きの今月にあって、この日はとても貴重なただ一日の快晴だった。家々の軒先には大量の洗濯物が干され、猫たちは湿った毛皮を乾かすためか、朝から日に当たってごろごろしていた。駅で顔見知りのキジ白に会ったあと、広大な大根畑(季節によってはキャベツ畑)を縫って歩き、小さな漁港にたどり着いたのは9時すぎ。春はハマダイコンの花が咲き乱れる草むらを覗くと、早くもこちらを見つけた猫がにゃあにゃあ鳴いていた。
三浦市の猫

三浦市の猫

 つかつか近寄ってきたのは人懐っこい黒白。元気そうだねー。
三浦市の猫

 本当は4月ごろ来ようと思っていたのに、だいぶ遅くなっちゃったよ。
三浦市の猫

 奥の方から黒いのも近寄ってきた。この海岸には黒が何匹かいて、見分けがつくのはカギ尻尾の1匹だけ。あの子はどうかな?
三浦市の猫

 それじゃ見えないな。右耳に切り欠きがあって、薄いグリーンアイと覚えておこうか。
三浦市の猫

 黒白はいつも通り、近くにひっついて離れない。
三浦市の猫

三浦市の猫

三浦市の猫

 ここにはほかにもたくさんの猫がいるはず。近所には猫民家があるし、築港には釣り人も多いし、みんな思い思いの場所へ散っているのかも知れない。
三浦市の猫

 そうこうしているうちに巨大サバトラが追加。この子もとても人懐っこい。
三浦市の猫

 会うのは2月以来。覚えててくれたかな。
三浦市の猫

 きょとんとしているな。
三浦市の猫

 この日の登場人物はみんな人懐っこくて、誰かを構っていると、遠くから走ってきて割り込んでくる。
三浦市の猫

 「撫でてー」
三浦市の猫

 ……で、いつの間にか黒が入れ替わっていたりもする。この子は左耳に切り欠きのあるイエローアイ。
三浦市の猫

 せっかく港に来たので、特に人懐っこい2匹を誘って、海辺に付き合ってもらった。
三浦市の猫

 この子がカギ尻尾の黒。海をバックにまずは1枚。
三浦市の猫

 ごろーん。
三浦市の猫

 可愛いねえ。
三浦市の猫

三浦市の猫

 すりすりが止まらない黒。2匹の猫とここで遊んだ記録は動画に任せて、次回は帰り道に見かけた猫たちを紹介する予定。
三浦市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 多摩市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 相模原市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  6. 昭島市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP