畑番が駅猫に


三浦市の猫

 久しぶりにすっきりとした青空に恵まれて、三連休の最終日は予定通り海辺の猫たちに会いに行ってきた。……と書くと天気がいいから遠出したような印象を与えるが、実は順番が逆で、出かけてみたらいい天気だったというのが本当。朝早いうちに三浦半島に着くには自宅を5時前に出る必要があり、この季節、そんな時間はまだ日の出前で真っ暗だからだ。星がきれいに見えていたので、晴れるだろうとは思っていたけれども。
 今日の目的地は三浦市のとある漁港。もともとハマダイコンの季節に訪れるつもりだったが、自宅から2時間半以上かかることを考えると億劫で、ずるずると先延ばししているうちに秋になってしまった。7時半すぎに最寄駅に着いて改札を抜けると、2月に来た時にも見かけた猫が日に当たっていた。
三浦市の猫

三浦市の猫

 この子は1年半ほど前からの顔見知り。すっかりこの場所が定位置になったようだな。
三浦市の猫

 ちょうど朝ラッシュの時間帯で、道行く人々に声をかけられたり、撫でられたりしていた。
三浦市の猫

 この子に初めて会ったのは、ここから600mほど離れたキャベツ畑(こちらの記事)。どういう経緯でシマを変えたのか分からないが、今はここで駅猫として暮らしているらしい。満ち足りた生活をしているのか、声をかけてもまったく反応なし。
三浦市の猫

 駅から15分ほど歩いて海辺の集落へ下りると、早速1匹目が視界に入ってきた。この時の気温は16℃ほどで、猫にとっては肌寒く、日なたに出てきて暖まっているのだろう。
三浦市の猫

 おはようございます。今日は晴れて良かったねー。
三浦市の猫

 小柄な黒は懐く気なし。この直後、車の下に潜ってしまった。
三浦市の猫

 わたせせいぞう的海辺に猫と富士山。こいつは朝から縁起がいいや。
三浦市の猫

三浦市の猫

 道路向かいからこちらを凝視する二つの目。
三浦市の猫

 声をかけたらそろそろと出てきた黒。いいことが起きそうな予感?
三浦市の猫

三浦市の猫

 一応お土産は持ってきたけど、漁港の子たちにも残しておきたいから、ちょっとだけね。
三浦市の猫

 「やったー」
三浦市の猫

 ごろーん。
三浦市の猫

 モデルになってもらったお礼に、美味しいカリカリをひとつまみずつ進呈した。
三浦市の猫

三浦市の猫

 薄雲に霞んだ砂浜で猫発見。
三浦市の猫

三浦市の猫

 茂みの中には魚が投げ込まれている。猫たちの朝ご飯のようだ。
三浦市の猫

 芋づる式に次の3匹。
三浦市の猫

 チョビ髭の黒白はまだ若い感じ。
三浦市の猫

 今日会った猫で唯一、首輪をつけていた子。黒もチョビ髭も人懐っこい。
三浦市の猫

三浦市の猫

 そんな俺たちの様子を遠巻きに眺めていたサビ。お母さんかな。
三浦市の猫

三浦市の猫

 芋づる式が止まらない上に、この浜の猫たちはどれも人懐っこくて、いちいち構っていると、いつまで経っても漁港にたどり着けない。ここにはあとでまた顔を出すことにして、まずは先へ進むことにした。
 明日は本業の業務が忙しい日なので、ブログを更新する時間がないかも知れない。この続きは近いうちにまた(こちら)。
三浦市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 花蓮市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 新宿区の猫
  3. 多摩市の猫
  4. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  5. 小金井市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 昭島市の猫
  8. 相模原市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP