海辺のお昼寝タイム


三浦市の猫

 今日は朝から雨が降っていたので、一日中どこへも出かけずに、冬ごもりの仕度や猫サーバのメンテナンスなどして過ごした。我が家の2匹は先日まで布団の上で丸くなっていたが、猫ちぐら(ヒーターつき)を出せばそこに入ったきりだし、炬燵を出せばそちらへ潜り込んで出てこなくなる。それでは少し淋しいので、炬燵布団はまだ乗せずに敷物だけ敷いておいた。
 猫の方は先週の漁村の続き。人懐っこいカギ尻尾の黒を築港に誘い出して、海をバックに写真を撮り、ついでにごろごろすりすり遊んだのが前回まで(こちら)。一通り遊び終えて、猫も俺も少し飽きてきたので、そろそろ帰途につくことにした。時刻は10時になっていた。
三浦市の猫

 おーい、そろそろ帰るよー。
三浦市の猫

「あれ、もう帰るの?」
三浦市の猫

 草むらまで追いかけてきたカギ尻尾の黒(右)は、最初に会ったグリーンアイの黒(左)と折り合いが悪く、鉢合わせになって険悪な雰囲気。
三浦市の猫

 その傍らにはお昼寝中の猫がいた。
三浦市の猫

 船の上で船を漕いでいたのは鉢割れ黒。見覚えのある顔が元気にしていて良かった。
三浦市の猫

 帰途について砂浜を歩いていると、行く手からこちらを睨む猫がいた。あれは来る時にも見かけたサビ。草むらだと顔立ちが精悍に見えるな。
三浦市の猫

 おー、ダブル・サビ!
三浦市の猫

 最初のサビは意外に臆病で、ちょっと近寄ったら見えなくなるまで逃げてしまった。残ったサビはやっぱり睨んでいる。
三浦市の猫

「そんなつもりじゃないのに」
三浦市の猫

三浦市の猫

 サビの次に現れたのは茶トラ。眩しそうに目を細めている。
三浦市の猫

三浦市の猫

 よく鳴く子。おいでー、遊ぼー。
三浦市の猫

 おー、来た来た。
三浦市の猫

三浦市の猫

 ごろごろすりすりして遊ぶことはできたが、カメラが苦手で、至近距離でレンズを向けると飛び退いてしまう。ここは動画でカバーしておこうか。
三浦市の猫

 浜辺から離れて集落に入り、駅に向けて少し遠回りしていると、とある野菜集荷場に猫がいた。従業員のお姉さんに声をかけて突入!
三浦市の猫

 盛んに鳴いているのは、横にお姉さんがいて、名前を呼んでくれているから。
三浦市の猫

 離れたところでは可憐に見えたけど、近寄ったら意外におっさん顔だった。
三浦市の猫

「おっさんに言われたないわ」
三浦市の猫

三浦市の猫

 立派な民家の玄関先で毛繕い中の三毛発見。
三浦市の猫

三浦市の猫

 上目遣いで見極め中。怪しい者ではないのだよ。
三浦市の猫

 こういう子のツンデレを見てみたいと思って、何度も行ったり来たりしてみたが、頑なにこの表情を崩さなかった。
 この日の猫散歩はこれでおしまい。京急の快特~南武線の快速というルートで、家に帰り着いたのは14時半。三崎口の駅前で買ったイカの塩辛は旨かった。
三浦市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 高雄市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 多摩市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  2. 日野市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  4. 宮古市の猫
  5. 久慈市の猫
  6. 三鷹市の猫
  7. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配
  8. 八王子市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP