置きピンの練習


昭島市の猫

 昨日の写真は青っぽくて冬の朝みたいになっちゃったな。このぐらいの季節になると、早朝の日なたは色温度がかなり低いので、日陰は相対的に青くなる。しかもPhotoshopのバージョンを上げたばかりなので、感覚が慣れなくて、調整しているうちにわけが分からなくなって、最終的にはどうでも良くなる。レイヤーかまして時間をかければバランス良くできるんだろうが、そんなことをしていたら日付が変わってしまうので、その辺は適当ということであいすいません。
 で、今朝の散歩は西武立川から東中神まで。西武線沿線は相変わらず成績が悪く、散歩終盤になってから立て続けに見つかるという、いつものパターンだ。
昭島市の猫

 今日も日差しが強いね。
昭島市の猫

 「日差しはいいがお前は誰だ」
昭島市の猫

 「何だ、写真を撮りたいならそう言ってくれよ。いいキジ色だろう?」
昭島市の猫

 次の写真は打って変わって暗めの日陰。草葉の陰の黒白1匹。
昭島市の猫

昭島市の猫

 道路の向こうからキジトラが現れた。にゃあにゃあ鳴きながら一直線に向かってくる。
昭島市の猫

 置きピン間に合わず。普段AF-Sしか使わないもので……。
昭島市の猫

 人懐っこくて、突進してきてはすりすりするものだから、なかなかちゃんと撮れない。
昭島市の猫

 置きピン再挑戦。ちょい後ピンだった。
昭島市の猫

 三度目の正直。これならまあいいかな。
昭島市の猫

 数次に渡る波状攻撃にじっと耐えるうち、やっと一瞬止まってくれた。うしろの塀にピントが合っているような気がするけど、もう時間ない。また来るからねー。
昭島市の猫

 駅に向かって急いでいると、駐車場で三毛を見つけてしまった。
昭島市の猫

昭島市の猫

 この表情を見ていると、急いでいることを忘れてしまうな。
昭島市の猫

 ……ヤバいヤバい、危なく取り込まれるところだった。しかしさらにダメ押しの1匹。ちょうどご飯の時間だったらしい。
昭島市の猫

 「朝ご飯ちゃんと食べなきゃだめよ」
昭島市の猫

 今日の最高気温は25.6℃。昨日は32.0℃だったのでだいぶマシだが、晴れていると外に出ている猫はまだ少ない。お昼休みの散歩再開は時期尚早と見た。ていうかもう10月なのにいつまで暑いんだよ。
国立市の猫

 「あら猫グラファーの方ね」
国立市の猫

 「こんなのどうかしら」
国立市の猫

関連記事一覧

  1. 小平市の猫
  2. 稲城市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  3. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  4. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  5. 多摩市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP