霜降り違い


日野市の猫

 猫のおもちゃにお手玉を買ったので、試しに自分でやったみたところ、2個回すのも覚束なくて我ながら驚愕した。世の中の人はいったい何個くらい回すのだろうと思い、YouTubeを見たら、小学生の女の子で7個回している人がいて、そのくらいになると世界レベルで通用するらしい。肝腎の猫たちはそれほど興味を示さなかったが、それならそれで自分が3個くらい回せるように練習するからいいもん。
 夜勤明けの散歩は甲州街道〜日野の4.3km。下り坂を歩くと股関節が痛むような気がするので、軽めのコースにしておいた。猫には労せず会える場所だが、今日はとてもタイミングが悪く、カメラに収まった数の5倍ぐらいは逃げられたりしてスルーする羽目になった。比較的風の強い日で、猫たちに落ち着きがなかったのも原因の一つだと思う。
 1匹目は猫民家の裏庭にいた。
日野市の猫

 動いて日陰に入っちゃった。やっぱり今日はタイミングが悪いや。
日野市の猫

 最終的には何とか捕捉してアップが撮れた。この辺りのキジ色は赤茶けたのが多く、アグチパターンの縞模様が明らかに黒ではない。
日野市の猫

 次の猫も日陰なので分かりにくいかな。
日野市の猫

日野市の猫

 まだ子猫のようだが、耳の先には立派な房毛が生えている。この房毛はリンクスティップともいい、オオヤマネコ(Lynx lynx)の耳に特徴的に見られるのでそう呼ばれている。わずかな空気の振動も検知できるので狩りには有利な形質だが、イエネコにはこの毛がほとんどないものも多い。リビアヤマネコもリンクスティップは目立たないので、退化したというよりは、そもそも出自の異なる系統があるのか、あるいは太古の昔にオオヤマネコと交雑したのかも知れない。
日野市の猫

 毛色はキジ霜降り(brown ticked tabby)。その辺を一回りして戻ったら日なたに出ていたので、ラッキーと思って撮ったが、帰宅してからよくよく見ると、さっきの霜降りとは別個体だった。毛色とリンクスティップは共通しているので、恐らく兄弟だろう。
日野市の猫

 さらに近所を一回りして元の場所に戻ると、道路向かいの猫民家に2匹揃っているのが見えた。
日野市の猫

日野市の猫

 奥の霜降りは三つ上の写真と同じ子。手前のカラーポイントも霜降りのようだし、さっきのを含めてみんな兄弟かも知れない。昨年暮れには母と思しき猫にも会っている(こちらの奥)。
日野市の猫

 路地奥で行き倒れ的に寝ている猫発見。
日野市の猫

日野市の猫

 この辺りに白猫なんていたっけと思って近寄ったら、大白斑のキジ白だったでござる。
日野市の猫

 初めて見かけたのは2013年10月。知り合ってからは長い子だが、出現頻度は極めて低く、ここで紹介するのはたぶん3回目くらいだと思う。
日野市の猫

 今日最後の猫は道端で激しく転がる茶トラ白。
日野市の猫

 ごろーん。
日野市の猫

日野市の猫

 伸びると意外に長い猫の体。8頭身ある?
日野市の猫

 でも正面から見ると意外に顔がでかいのだった。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2021.10.21

    東京脱出(3)
  3. 府中市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 三浦市の猫

    2021.10.17

    東京脱出(2)
  6. 三浦市の猫

    2021.10.14

    東京脱出(1)
  7. 立川市の猫

    2021.10.13

    注意力散漫
  8. 新宿区の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP