比較的モノトーンな奥多摩の猫


奥多摩町の猫

 早く行きたいと思っていた奥多摩へようやく行ってきた。もともと去年のうちに行くつもりだったが、年明けからコロナの陽性者数が爆上げしており、緊急事態宣言が出されては身動きが取れなくなるので、県外の散歩を優先してあちこち出歩いていた。東京都の場合、一日あたりの陽性者数は最大21,576人までになったが、ワクチン接種が進んでいることやオミクロン株の特性などから、今回は比較的軽症者の割合が多いようだ。 緊急事態宣言の発出も当面はなさそうで、県外の行きたいところにもそれなりに行けたので、ようやく奥多摩散歩の順番が回ってきたという次第。ただ奥多摩の場合はどこも山並みに囲まれており、もっと日の長い時期でないと撮影のスケジュール配分が厳しい。なので今日の猫散歩は普段よりもスタートを遅くして、猫集落へは行かずに氷川や留浦とずらなどを徒歩と車で回った。
 分倍河原から立川、青梅と乗り換えて、奥多摩に到着したのは8:42。最初に見かけたのは馴染の鉢割れ黒白だった。急坂の頂だから見える風景。
奥多摩町の猫

 鳴き声が聞こえたのでズームレンズを引いてみると、地面にもう1匹いた。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 誰かと思ったら鼻黒さん。ここらでいちばん人懐っこい子。
奥多摩町の猫

 これは俺のことを覚えているというより、猫懐っこい人間をきっちり見極めているのだろうな。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 小さな祠の裏からさらに1匹登場。
奥多摩町の猫

 見つめあう鼻黒と鼻黒。まあ兄妹なのであろうな。
奥多摩町の猫

 2匹は折り合いが悪いみたい。あとから出てきた方は民家の敷地に引っ込んでしまった。
奥多摩町の猫

 ここは敵(野生動物)も多いんだから協力してやんなさいよ。
奥多摩町の猫

 そういや最初の鉢割れのことをすっかり忘れてた……。
奥多摩町の猫

 本日の黒白、4匹目。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 毛繕いに忙しそうで、いくら呼んでも振り向いてもらえない。
奥多摩町の猫

 ほんの一瞬、静止したところを何とか1枚。肝の据わった子は舌を鳴らしたくらいでは耳すら動かさない。
奥多摩町の猫

 民家の濡れ縁でポイントさんが三つ指を突いていた。
奥多摩町の猫

 しかし、すぐに逃走。引いた写真が撮れたのでこれは怪我の功名。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 当初は氷川だけで完結するつもりだったが、北風が強かったせいか猫影が薄く、坂道を歩いて疲れてもいたので、カーシェアの車を借りて留浦の猫を訪ねてみることにした。途中、巨大黒白の住む猫民家へ4ヶ月ぶりの寄り道。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 やあ、こんにちは。今日もでかいね!
奥多摩町の猫

 前回もでかかったが、今回は冬毛でさらにでかい黒白。モノトーンな猫散歩(猫ドライブ)の続きはまた明日。
奥多摩町の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 宇都宮市の猫
  3. 所沢市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 横浜市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 横浜市の猫
  7. 国立市の猫
  8. 川崎市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP