新旧のご近所さん再び


日野市の猫

 今年は暖かくなるのが早いので、そろそろ猫草(燕麦)の種を蒔いてもいいころかなと思っているが、どうせ土をいじるなら、ついでにほかにも何か栽培しようと思い立ち、ネットで唐辛子の種を2種類買った。一つは激辛唐辛子で知られているキャロライナ・リーパーで、もう一つはインドジン・ウソツカナイというやつ。俺が唐辛子の栽培に凝っていた10年ほど前は、ブート・ジョロキアという品種が世界一辛いと言われていたが、現在はキャロライナ・リーパーがそれを上回るだけでなく、ドラゴンズ・ブレスやペッパーXといった、より辛い品種も開発されている。とはいえブート・ジョロキアの辛さも並大抵ではなく、収穫した実をプライパンで炒めてペペロンチーノにしたら、家中に刺激成分が広がって目も開けられないほどだった。あまりにも辛いので、ペペロンチーノのほかは自家製の辣油を作るくらいしか使い途がなく、残った実は乾燥させて米びつや衣装ケースの虫除けになった。ただ不思議なことに、そんな時もサチコだけは涼しい顔をしていた。
 ブート・ジョロキアやハバネロの発芽率は70%程度で良い成績だったが、数年前にイギリスの種苗店から取り寄せたキャロライナ・リーパーは、10粒ほど蒔いた種がまったく発芽しなかった。そのため今回は保険として、インドジン・ウソツカナイという冗談みたいな名前の唐辛子の種も買った。インド人がそう言うならきっと発芽してくれるだろう。
 今日の散歩は所用のついでに平山を一回り。あまり調子は良くなかったが、猫ヶ丘で何匹かの猫に会えた。
日野市の猫

 高台の茶トラ白が今日の1匹目。
日野市の猫

日野市の猫

 猫ヶ丘の茶猫の多さは安定的。個別の顔はほとんど覚えていない。
日野市の猫

 外階段からこちらを眺める茶トラ発見。
日野市の猫

 道路向かいは人懐っこい三毛ちゃんの家。冬の間は家の中で過ごしているそうで、外にはまだ出てこないみたい。
日野市の猫

日野市の猫

 茶トラは警戒心が強い。近寄ったらなぜか地面に下りてきた。
日野市の猫

 アビちゃんだ!
日野市の猫

日野市の猫

 久しぶりに会えて喜んだのも束の間、カメラが嫌いなアビちゃんは、しょっぱい顔で奥へ引っ込んでしまった。
日野市の猫

 平山時代は家の窓から見えるくらいだったのに、引っ越してしまうとなかなか会えないものね。
日野市の猫

 キジ白どーん。
日野市の猫

 猫ヶ丘の猫広場で毛繕い中のお馴染さん。
日野市の猫

 背後にはクリーム白もいる。朝ご飯を食べ終えて、まったりタイムに入ったところ。
日野市の猫

日野市の猫

 アビちゃんは平山時代のご近所さんで、こちらは現在のご近所さん。セットで見かけるのは去年9月以来。
府中市の猫

府中市の猫

 黒煙ちゃんは目が合っただけで転がってくれるから好き。
府中市の猫

 おお、アクロバティック!
府中市の猫

府中市の猫

 転がりつつも武蔵の監視を怠らない。国境警備の重責を担う黒煙ちゃん。
府中市の猫

関連記事一覧

  1. 稲城市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 橫山郷の猫
  4. 青梅市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP