納豆を食べたら黒くなる?


日野市の猫

 キジトラというのは英語でbrown mackerel tabbyと言われるように、全体的には焦げ茶色のように見えるが、一本一本の毛には黒と褐色の層があり、被毛全体は黒い縦縞模様に覆われている。イエネコの先祖であるリビアヤマネコが纏っているのもこの毛色で、同種の生息域において最も広範に観察できることから「野生型」とも呼ばれる。
 ところが、リビアヤマネコでもイエネコのキジトラでも、見慣れた黒と褐色ではなく、濃褐色と薄褐色の毛色で構成された個体をしばしば見かける。つまり縦縞が黒ではなく濃褐色なのである。時には褐色というより、もっと赤茶けた色合いの個体もいて、俺はそれらをO遺伝子由来のレッドと見間違えて、二毛(白斑があれば三毛)に分類していたこともあった。このブログでは美人さん美人さんの妹がそれに当たり、現在はキジ白にタグ付けして分類しているが、当初は三毛だと思っていた。
 今日の散歩で最初に見かけたキジトラも縞模様が黒ではなく、濃褐色と薄褐色で構成されているが、色々と調べたところ、どうもこの毛色は食餌の栄養素が関係しているらしいことが分かった。
日野市の猫

 台湾ではむしろこっちの方が多いくらいだったけどね(一例)。
日野市の猫

 こうした毛色を発現するのは、食餌に含まれるチロシンが少ないことが原因らしい。チロシン摂取量の少ない猫は、本来黒い毛が赤茶けることが分かっているそうだ。また、チロシン摂取量の少ない母猫から生まれた子猫も毛色が赤茶けるとのこと。猫のカリカリにはチロシンが含まれているものが多いが、それ以外の食べもので生活している猫は、摂取量の少ないケースがあるのかも知れない。人間の食材で分かりやすいのは、時間の経った納豆にできるブツブツがチロシンだそうだ。毛色の薄い猫には納豆が効くとか?
日野市の猫

 キジトラの近所は猫民家。常駐のサビはお昼寝中だった。
日野市の猫

日野市の猫

 今日の散歩コースは日野から高幡不動まで。初めてのエリアでキジトラ発見。
日野市の猫

日野市の猫

 黒い部分がちゃんと黒い子。ちなみにキジ色が赤茶ける原因はチロシンだけではなく、B遺伝子が劣性に変異してチョコレート色になっている可能性もあるし、E遺伝子が劣性に変異してアンバーになっている可能性もあるし、アビシニアンのようにルーファスを発現しているのかも知れない。恐らく毛色もそれぞれ微妙に違うのだろうが、色見本があるわけではないので、外で見かけてもまったく区別がつかない。
日野市の猫

 猫の方は早くも最後の1匹。
日野市の猫

日野市の猫

 淋しい結果だが新規開拓はこんなもの。カメラに収まった以外にも6匹スルーしているし、猫民家を見つけたし、実際はもう少し張り合いのある散歩だった。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 新北市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 台西郷の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 府中市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP