台湾漫遊猫の旅(9)


南州郷の猫

 何の縁もない南州を散歩地に選んだ理由について、前回の記事で「去年通った時に椰子がたくさん生えていたから」と書いたが、今回の台湾猫旅でそれを見ることはできなかった。帰国してから調べたところ、屏東線の複線電化工事に伴い、駅の周りの椰子林はすべて伐採されてしまったそうだ。台鉄では環島路線(台湾を一周する幹線)の全線電化を急いでいて、非電化区間は潮州~知本の111.8kmを残すだけとなっている。工事は2022年に完了予定とのことだが、台湾ではこの手の工事は遅れるのが常なので、唯一残る旧型客車列車として有名な台東~枋寮を結ぶ普快車も、まだしばらくは走り続けると思われる。
 南州駅の若い駅員に近所の見どころを訪ねたところ、歩いて5分ほどのところに台湾糖業の南州工場があると教えられ、猫探しのついでに行ってみた。精糖工場としての操業は2003年に停止していて、現在は観光客向けに開放され、中では土産物や冰淇淋(アイスクリーム)などが売られている。廃止されたシュガートレインのレールや橋台もあちこちに残っていたが、あいにく猫はいなかった。
 精糖工場の撤退とともに過疎化が進んでいるのか、南州近郊に活気は見られず人影も少ない。道路を占領しているのはたいてい犬で、時々猫も見かけるといった具合だ。
崁頂郷の猫

「一個局外人來了(よそ者が来よったの)」
崁頂郷の猫

 若い黒は目がまん丸。地元の人に溶け込んでいるつもりなんだけどな。
崁頂郷の猫

崁頂郷の猫

 好々爺然としたキジトラは、手ぶらの俺に興味を失ったらしく、どこかへ行ってしまった。
崁頂郷の猫

 そんな様子を伺う小さな猫影はセミロング二毛。台湾で長毛を見たのは初めてかも。
崁頂郷の猫

 さらにそれを見張っているのはお母さんかな。
崁頂郷の猫

崁頂郷の猫

 ここはたくさんの猫がいるね。知らない街だから不安だったけど、来てみて良かったよ。
崁頂郷の猫

 車の下にはたぶん三毛が隠れている。最初の写真に写っていた子。
崁頂郷の猫

「そっとしておいてくれよ、あの子は恐がりなんだ」
崁頂郷の猫

 金桶の横に佇む黒白。お腹に縫い目が見えるので、きっとまだ若い子。
崁頂郷の猫

崁頂郷の猫

 何度か台湾へ足を運ぶうちに気づいたんだが、この国では都会はもちろん、このような田舎であっても、街のあらゆる場所に防犯カメラが取り付けられている。乗り物や公共施設は言うまでもなく、恐らく入国から出国まで、俺が辿ったルートをすべて特定できるくらい設置されている。外務省の渡航情報によれば、台湾の治安は比較的良いとされていて、そこまで厳重にする理由が分からないが、きっと抑止効果を狙っているのだろうと想像している。建物の施錠などもやたら厳重にしているらしい。
崁頂郷の猫

 猫は電柱の下。このような俺たちの姿も監視されているのかと思うと、何となくこそばゆいものだな。
崁頂郷の猫

 広大な空き地に白い物体。ぜんぜん隠れようとか考えないんだな。
南州郷の猫

 怖がるというより、珍しがっている目つき。
南州郷の猫

 街の中心部を一回りして時刻は15時すぎ。新左營行きの列車が出るまで残すところ20分となり、やや急ぎ足で駅に向かっていると、空き地の隅からこちらを眺める視線に気づいた。
南州郷の猫

南州郷の猫

 小柄な黒白だった。君ちょっとタイプだから、モデルになってくれないかな。
南州郷の猫

「はい、どうぞ」
南州郷の猫

 設定を変えてうだうだやっているうちに、待ちくたびれた黒白は小さく欠伸。
南州郷の猫

 空き地の隅は猫のお寛ぎ処。今度は2匹の子猫がこちらを見ていた。
南州郷の猫

 三毛と思しき1匹は問答無用で逃亡。残った黒白は無関心。子供のくせに醒めたヤツだな。
南州郷の猫

南州郷の猫

 醒めた黒白はきりっとして凜々しい顔立ち。大きくなったらイケメン間違いなしだな。
南州郷の猫

 このあと急いで駅に向かったわけだが、思ったより距離があって、15:27発の区間車に乗り遅れてしまった。もともと1本前の自強号に乗る予定だったのを、猫がたくさんいたため散歩時間を延長したわけで、そのくらいならもう一箇所寄り道できたはずだが、さらに後続となると日暮れが近くてさすがに無理だ。
 列車に乗り遅れたのは想定外だったが、考え方を変えれば、次の列車まで時間ができたということだ。さっき逃げられた三毛の子猫に会えるかなと思い、空き地に引き返してくると、母と思しき黒白が見回りしているところだった。
南州郷の猫

 肝腎の2匹は隙間からこちらを窺っている。
南州郷の猫

 臆病な三毛ちゃんに会えたので、列車に乗り遅れたのは却って幸運だった。とはいえ今夜の宿泊地である虎尾は遠く、これ以上遅くなると斗六からの最終バスに間に合わない。今度は早めに駅へ向かい、16:12発の新左營行き自強号に間に合ったのだった。
 新左營からは20分の待ち合わせで七堵行き自強号に乗り換え、斗六に着いたのは19:11。猫旅初日や2日目のように雨こそ降っていなかったが、気温は12℃で風が強く、バスを待ってじっとしているとかなり寒い。そもそも台湾には20~25℃を想定した服装で来ているので、予想外に低温になっても着る服がない。
 暖房のない斗六バスターミナルで震えて待ち、台西客運7124A系統で虎尾に到着したのは20:14。3日前にも泊まった上毅飯店の小姐は、俺の顔を見るなり「あら、ミンハイシャンまた来た」とフルネーム入りで思い出してくれて、一から説明する手間が省けた。予約なしで飛び込んだ二度目のベッドは寝心地が良く、翌朝6時までぐっすり眠れたのだった(続く)。
南州郷の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 国立市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 東港鎮の猫
  5. 立川市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日高市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.11.22

    薄色母子
  4. 川崎市の猫
  5. 日光市の猫
  6. 調布市の猫
  7. 立川市の猫
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP