保護土嚢


日野市の猫

 仕事帰りの散歩はごく軽く、平山の猫ヶ丘を30分ほど歩き回るだけにしておいた。夜勤明けの翌日勤は寝不足になりがちなので、可及的速やかに家に帰って休みたかった。天気の方は梅雨らしいじめじめした曇り空で、日差しはなかったものの気温は30℃を超えた。歩いた距離は2.7kmに過ぎなかったが、汗でずぶ濡れになってしまった。
 京王堀之内駅から平山城址公園駅行きのバスに乗り、峠のトンネルを5回くぐったところから散歩開始。時間帯が良くなかったのか、猫に遭遇するまでに20分ほど歩かなければならなかった。
 定点の猫広場では、2匹の黒猫が土嚢に紛れて寛いでいた。
日野市の猫

日野市の猫

 君たちはここがお気に入りだね。黒猫やっててこんな保護色に巡り会えるなんて、そうそうないものね。
日野市の猫

日野市の猫

 もう1匹の黒は人慣れしているので動かない。動物って自分と同じ色に囲まれるとリラックスするのかな。人間はそういうのないよなあ。
日野市の猫

 近くには茶トラもいたが、こちらはせかせかと歩き回っていた。
日野市の猫

 君の保護色は秋までお預けかな。
日野市の猫

 馴染のキジ白は少し夏痩せしたようだった。
日野市の猫

日野市の猫

 平山へ行ったついでに髪を切りたかったが、あまりにも汗だくで、他人に近寄るのも憚られるレベルだったので、やめておいた。年を取ったら髪が伸びるのが早くなった。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 東村山市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫

    2020.9.18

    黒白色々
  2. 川崎市の猫

    2020.9.17

    ミモザとサビ
  3. 立川市の猫
  4. 大阪市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 多摩市の猫
  7. 昭島市の猫

    2020.9.12

    親子で雨宿り
  8. 川崎市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP