5年ぶりの茶トラ白


青梅市の猫

 夜勤明けの昨日は、帰宅してブログを更新したあと速攻で寝た。深夜0時ごろ一旦起きて軽くご飯を食べ、2時すぎにまた寝て今朝は8時ごろ起きた。次の出勤は明日の朝からなので、こういう感じで昼の生活に戻さなければならん。
 起きたら少し頭が痛かったので、散歩をどうしようか迷ったが、天気の良い日に家にいるのは勿体ないと思い、出かけることにした。場所は猫散歩としては初めてとなる御岳山。JR~バス~ケーブルカーと乗り継げばほとんど歩かずに山の上まで行けるし、平日なら人も少なくてまったりできる。
 しかし、頭痛を引きずっていて、急坂だらけの集落を自由に歩き回ることはできなかった。山の猫探しは30分ほどで諦めて、次のケーブルカーの発車時刻までの間、ベンチに腰かけて日に当たりながら、うつらうつらして過ごした。
 帰りのケーブルカーやバスは、乗客が俺一人だけの貸切状態。5年ほど前に妻とハイキングした時に、何匹かの猫を見かけた場所があるので、バスを途中下車して立ち寄ってみることにした。そして見つけた。
青梅市の猫

 もうお昼だから寝ちゃってるか。
青梅市の猫

 ベンチの向こうにもキジ白が1匹。
青梅市の猫

 しばらく渓流を眺めたあとで振り返ると、さっきの茶トラ白が起きていた。帰ってきてから画像を拡大して調べたら、5年前(2008年10月)に会ったのはまさにこいつだった。一部の人々には知られている猫たちとはいえ、厳しい環境で生活している野良に5年ぶりに会えるとはなあ(当時の写真)。
青梅市の猫

 どこからともなくキジトラも現れた。
青梅市の猫

 ここの猫たちはみんな人懐っこいが、正午を過ぎて眠い方が勝るらしい。今日もよく晴れて暑いくらいだった。
青梅市の猫

 体調のいい時にまた来るよ。おじさん今日はもうダメ。
青梅市の猫

 川を渡って駅に向かっていると、急な下り坂の路地に2匹の猫を発見した。この辺りは地形が急峻なので、家屋などの構造物は片桟橋方式で建てられている。猫はこうしたスペースに潜んでいたりする。
青梅市の猫

青梅市の猫

 日なたの花のところで撮りたいんだけど、無理な相談ですよね。
青梅市の猫

 やっぱり。
青梅市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 杉並区の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP