新旧のご近所さん


日野市の猫

 今日は本業の方がとても忙しくて、こっそりブログの記事を用意するような余裕はまったくなかった。散歩は通常通り実施したので、道中見かけた猫たちをさらっと紹介して、今夜は明日に備えてさっさと寝る。
 歩いたのは平山城址公園から長沼までの1駅。このコースを選んだ理由はいくつかあって、一つはアビちゃんに会いたいから。もう一つは先日見かけたぱっつん頭のポイントカラーに会いたいから。そして最後がいちばん大きな理由で、川沿いの民家で暮らすキジトラ子猫の様子を見に行きたいから。今月6日に行った時は母猫だけで、子供たちの姿が見えなかった。
 最初は定位置の黒煙ちゃんから。
府中市の猫

府中市の猫

 路地の奥をじっと見つめているので、また武蔵がいるのかと思って振り向いたが誰もいない。きっと俺には見えない何かがいるのだろう。猫にはよくあることだ。
府中市の猫

 平山城址の駅をスタートしたのは6:20。最初にアビちゃんちへ向かっていると、前方に見覚えのある赤茶の猫耳が見えてきた。
日野市の猫

日野市の猫

 昨夜の激しい雨が路傍の草を濡らしていて、アビちゃんはむしゃむしゃ言いながら熱心に食べている。
日野市の猫

日野市の猫

 平山時代と現在のご近所猫に会えたのはラッキーだったが、実はアビちゃんにはかなり避けられていて、一度は家の裏へ隠れてしまって撮影を諦めたほどだった。拝島時代のシャム混1号なんかも同じで、出会ったころはとても懐いてくれたのに、時間が経つにつれて避けられるようになった。黒煙ちゃんもいずれそうなってしまうのかな。
日野市の猫

 ブルーシートで覆われた残土置き場で猫発見。あれは今月6日にも見かけた子。
日野市の猫

 ぱっつん頭の三毛。同じぱっつん頭でも今日会いたかったのはポイントカラーの方で、そちらはあいにく姿を見せなかった。
日野市の猫

 今朝は厚い雲が途切れ途切れにかかっていて、強い日差しが覗いたり翳ったりして、露出調整に忙しかった。こちらは民家の玄関にもたれかかって毛繕いしていたキジ白。
日野市の猫

 引くとこんな感じ。ここの飼い猫なのかな。
日野市の猫

日野市の猫

 キジトラファミリーの家には最後に立ち寄った。あそこに1匹見えているのはたぶんお母さん。
八王子市の猫

 今日も子供たちの姿は見えない。
八王子市の猫

 張り合いをなくしたような母の表情を見ていると、子猫たちはもうここへは戻ってこないように思える。どこかで元気にしていればいいんだがなあ。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 中央区の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 台西郷の猫
  6. 国立市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫

    2020.6.6

    夏の始まり
  2. 府中市の猫
  3. 日野市の猫

    2020.6.4

    鉄道沿線
  4. 昭島市の猫
  5. 新宿区の猫
  6. 多摩市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  8. 小金井市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP