まどろみの三羽烏


日野市の猫

 「今朝は冷え込みが厳しく気温は2.7℃まで下がった」らしいが、6時半前に家を出て猫を探していても、ちっとも寒く感じなかった。去年なんか11月24日に雪が積もったし、25日に氷点下になったし、今年もそのつもりでいるので、むしろもの足りないくらいだ。
 日勤前の散歩は日野から甲州街道までの歩き慣れたコース。新規開拓を兼ねて経路を変えてみたところ、確かな手応えを感じたが、見かけた猫にはすべて逃げられた。
 最初に立ち寄ったのは定点の猫民家。猫ベッドで寝坊助3匹衆がひっついていた。
日野市の猫

 さらに接近してみる。逃げるのも面倒臭いようだな。
日野市の猫

日野市の猫

 次の猫もキジ白。物置の上で薄日を浴びていた。
日野市の猫

日野市の猫

 道端には黒猫もいたんだが、カメラを構えているうちに消えていた。
日野市の猫

 坂の上から猫の鳴き声が聞こえてきて、見ると茶トラ白がぽつねんとしていた。
日野市の猫

 何となく中途半端な姿勢で固まっている。デート中だったかな。
日野市の猫

「だ、誰もいないよ。早く行ってよ」
日野市の猫

 車の下に1匹隠れているのは分かっていたんだが、気を逸らそうとする茶トラ白が気の毒で、そのまま通過。次の猫は黒白。
日野市の猫

 君の顔の模様はオートフォーカスが迷うね。
日野市の猫

「そうかい? 照れるな」
日野市の猫

 尻尾は何となくぴーんとしたけど、進む方向があっち向き。なかなか通じ合えないものだな。
日野市の猫

 仕事帰りは猫ヶ丘経由で帰宅した。山肌にぽつんと建つ猫民家は夜のとばりに包まれていて、白熱灯の下で猫が香箱を組んでいた。
日野市の猫

 色温度が低いので分かりにくいが、この子の毛色はクリーム色。相方の黒白は不在のようだった。なお、雰囲気で白熱灯と書いてはみたものの、影の出方からするとLED電球だと思う。いちいち説明の面倒な時代になったな。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 新北市の猫
  6. 中央区の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 奥多摩町の猫
  6. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  7. 日野市の猫
  8. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP