富士割れ猫


立川市の猫

 雨の前に猫に会い、降り出したら床屋へ駆け込もうと決めて、家を出たのは8時半すぎ。行きたいところは色々あったが、今日は一日だけのお休みで、天気も芳しくないようだったので、立川の外れに住む知り合い猫を訪ねることにした。
 先に結論を書いてしまうと、西立川の床屋は数日前から連絡が取れなくなっていて、今日も出先から電話してみたが誰も出なかった。何かの理由で休んでいるならそれでいいが、廃業したのだとしたら、また床屋ボヘミアンとして流浪の生活を送らなければならない。散歩コースも西立川を絡めるつもりだったが、そんなわけで予定が変わり、最終的には自宅のある日野市のほか、立川市、昭島市、福生市にまたがる広域散歩となった。
 1匹目はバス停近くで見かけた三毛。朝からでかい声で鳴いていた。
日野市の猫

 湿っぽい目で見つめている。さてはお腹が空いているな。
日野市の猫

 美味しいの持ってるけどあげないよ。君は飼い主さんがいるじゃない。
日野市の猫

 今日を平日と勘違いしていたり、鈍亀の京王バスがいつも以上に遅れてきたり、立川で列車非常停止警報装置が発報したり、道中色々あって目的地の団地に着いたのは10時すぎ。空模様は心配したほどではなく、むしろ家を出た時よりも明るいくらいで、猫たちもちゃんと目覚めて外に出ていた。
立川市の猫

立川市の猫

 この2匹は去年8月以来。人懐っこいキジ白も元気そう(動画はこちら)。
立川市の猫

 正面に回ってアップにしていたら立て続けにくしゃみした。風邪引いちゃったか。
立川市の猫

 くしゅんくしゅん言いながらも、駆け寄ってきて膝に飛び乗るキジ白。寝てないとダメだよー。
立川市の猫

 見事な富士額の黒白は、この団地に住む黒白家族の娘(詳しくはこちらの記事参照)。この子に会うのは半年ぶり。
立川市の猫

 娘、今日はめっちゃテンションが高く、一時いっときとしてじっとしていてくれない。
立川市の猫

立川市の猫

立川市の猫

 母と息子は見かけなかった。近所の人によれば、たまに現れるとのことなので、いずれまた来てみる。
立川市の猫

 君はそれまでにもう少し落ち着いてくれ。
立川市の猫

 団地の次は昭島市内に移動。路地の向こうに見えるのは懐かしい顔。
昭島市の猫

昭島市の猫

 この子はモデル立ちのクラシックタビー二毛。会うのは2014年7月以来。
昭島市の猫

 今日は機嫌がいいらしい。呼んだら近寄ってきた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 葉っぱのカサカサ音に反応してごろーん。何が彼女の琴線に触れたのか。
昭島市の猫

 二毛のあとは拝島駅までぼちぼち。とあるアパートでサバ白1号がご飯を待っていた。
福生市の猫

福生市の猫

 黒っぽい路地の黒っぽい面々。黒猫というのは目つきがそのまま個性になるのだな。
福生市の猫

 ここには黒白もいたはずだが今日は見なかった。
福生市の猫

福生市の猫

 幼い顔立ちの長毛キジトラで今日の散歩は終了。多摩地区の紅葉は終わりに近く、もう少し天気が良ければと思わないでもなかったが、雨に当たらなかっただけでも良しとするかー。
福生市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 相模原市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  4. 昭島市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP