mitten bitten kitten


福生市の猫

 2週間前から滞在している元妻を伴って、前回も一緒に行った福生の公園を散歩してきた。天気は良かったものの、気温が低くて風が強かったので、そんなに長い距離は歩けなかったが、思う存分猫と戯れられたので、喜んでもらえたようだ。
 冬になる前は、寒くなったら猫なんか全然いなくなるんじゃないかと思っていたが、むしろ真夏の時よりたくさんいるし、天気さえ良ければ日なたに出ているので見つけやすい。今までは、ページが重くなるのを避けるために、1日あたりの写真の数を15点程度までに抑えていたが、それでは載せ切れないことが増えてきたので、今後は1日20点程度までは載せることにした。その代わり、1ページあたりの表示は5日分から3日分に減らす。
 ……ということで、電車に乗ろうと駅のホームまでやって来たら、線路端に猫発見。分かるかな。
福生市の猫

福生市の猫

 撮影しながら観察していたら、向こうもこちらを見つけて、途端に踵を返して小走りで逃げてしまった。
福生市の猫

 目的地に着いて歩き始めると、民家の庇の上で2匹寝ているのを見つけた。この家の周りでは何度か猫を見かけたことがあるが、みんな臆病で、まともに撮れたためしがない。
福生市の猫

 茶色いのはダッシュで逃げたので、残った黒白をアップで1枚。
福生市の猫

 目的地の公園に近づいたところで、またまた屋根の上に2匹いた。
福生市の猫

 仲がいいねえ。
福生市の猫

福生市の猫

 公園に着くと、早速いつものキジトラが寄ってきた。前回会ったのは去年のクリスマス・イブの日だったかな。手前の雪の塊は、たぶん雪だるまの残骸だと思う。
福生市の猫

福生市の猫

 たぶん初めて見る茶トラ白。
福生市の猫

福生市の猫

 黒いのも。
福生市の猫

 このクラシックタビーも初めて見る子だ。光線の加減でシルバーに見えるが、実はブラウン。掲載数に限りがあるので、このあたりはさらっと流しとく。黒白の大きいのや小さいのもいるはずなんだが、最近まったく見かけない。
福生市の猫

 さっきのキジトラは、ぼっこ手袋に興味津々(ミトンのことを北海道ではそう呼ぶ)。
福生市の猫

 今日のタイトルはこの写真から。ぼっこ手袋にじゃれているだけだが、英語だと「mitten was bitten by kitten」となって、見事に韻を踏んでいるんである。まあこの巨大猫をkittenと呼ぶのは無理があるけれども。
福生市の猫

 公園をあとにして散歩再開。クリスマス・イブにも見かけたキジ白と黒が、今日は仲良く屋根の上で昼寝していた。
福生市の猫

福生市の猫

 この子もクリスマス・イブにほとんど同じ場所にいた。福生の猫というのはあまり動かんのかな。
福生市の猫

福生市の猫

関連記事一覧

  1. 調布市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 府中市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 相模原市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  5. 昭島市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP