オッドアイに接近


昭島市の猫

 もうすぐ17歳になるオス猫の標準体重はどのくらいなんだろう。
 2003年にサチコを迎え入れた時、体の大きさから生後2ヶ月くらいだろうと思っていたが、実際にはもっと月齢が高かったのかも知れない。なぜかというと、飼い始めてから半年ほどの間、階段の上り下りすらできなかったからだ。子猫というのは何にでも興味を示して、どこへでも潜り込もうとするのが普通だと思うが、サチコは寝床のある2階から出ようとせず、夫婦が階下にいる時も、淋しがってにゃあにゃあ鳴き続けるだけだった。小柄だったのは、単に発育が悪かったからなのだろう。幸いなことに健康状態は良好で、今まで病気一つしたことはないが、体重は3.0~3.5kgくらいの間で推移しており、抱き上げても紙のように軽い。序列はマコちゃんより格上なのに、実力行使の段階になると、体格で負けてしまうのが気の毒だ。ずいぶんプライドを傷つけられているはずだが、今さらどうなるものでもない。
 今日の散歩は東中神から昭島までの2駅間。最初の猫はすでにこちらに気づいていて、そそくさと逃げようとしている。
昭島市の猫

 待ってくれーと呼び止めたら、こちらを向いてくれた。お忙しいところ済みませんね。
昭島市の猫

 警戒心の強い茶トラ白。
昭島市の猫

 小さな公園の隅で猫がちんまり座っていた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 こらちは常駐の黒白。いつも相方のキジトラと一緒だが(一例)、今日は後ろの植え込みで丸くなっていた。
昭島市の猫

 「僕だけじゃ不満だって言うのかい?」
昭島市の猫

 とある空き地の奥にキジ白が佇んでいた。
昭島市の猫

 屋根の上に猫がいるのを見たことは何度かあるが(一例)、地面は初めてかも。ちなみに顔見知り。
昭島市の猫

昭島市の猫

 かつては猫銀座とでも呼ぶべき賑わいを見せていたとある路地。久しぶりに猫を見かけたので、慎重に近寄ってみた。
昭島市の猫

 誰かと思ったら大白斑のキジ白じゃないの。君は意外に動き回るんだね。
昭島市の猫

昭島市の猫

 9ヶ月ほど前はこんなだったので、行く末を案じていたんだが、今日は近寄って撫でることにも成功した。ちなみにオッドアイ。
昭島市の猫

 中神から昭島までの1駅はとても久しぶり。いるかなと思って覗いた場所にいてくれて、嬉しさも百倍。
昭島市の猫

 ほらあそこ。
昭島市の猫

 最後に会ったのは2014年12月だから、5年ちょいぶり。近寄らせてはもらえなかったが、付近住民に可愛がられているからこその、きれいな毛並みだ。
昭島市の猫

 隣の棟にも1匹。日当たり良好・南向きのいい寝床。
昭島市の猫

 またしばらく来ないと思うけど、ほかのみんなにもよろしく伝えておいてね。
昭島市の猫

 散歩を終えたのは14時前。2駅といっても青梅線は駅間距離が短いので、営業キロは2.3kmしかない。出勤前にコーヒーを飲んで休む時間は充分にあり、多摩センターのベローチェに寄ったら、IWGさんの子猫グッズがもらえるキャンペーンをやっていた。ドリンク2杯分のレシートがあれば漏れなくもらえるとのことで、その場でコーヒーを2杯飲んでクリアファイルをゲットした。IWGさんの写真はハートフルだから好きなんだよなあ。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP