背中が見たい


稲城市の猫

 冬場は日の出が遅くて朝の散歩に難渋することが多く、12月から2月までは夜勤が多くなるように勤務シフトを組んでもらっている。逆に夏場の日中の散歩は単に猫が見つけにくいだけでなく、熱中症で命を落としかねないので、7月から9月までは日勤が多くなるようにしてもらっている。うちの会社は役員からヒラまでオタクで構成されているので、こういう時は話が早くて助かっている。ただ、このごろは職場環境に色々と変化が生じてきていて、来年度も今の生活サイクルのままでいられるかは分からない。せめてあと1年半は猫散歩を続けたいと思っているが、今までのように毎日歩き回るのは難しくなってくるかも知れない。
 今日、夜勤明けの散歩地に選んだのは、はるひ野〜若葉台のトライアングルゾーンと、稲城〜稲城長沼の二本立て。どちらも猫には会えたので無駄足にはならなかったが、数的にはとても淋しい結果だった。
 丘陵地に展開するニュータウンと、昔からの里山が残る旧タウンの境目で、猫が1匹お昼寝していた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 しゃがんで茶トラ白の背中を観察していたら、気配を察して背後からもう1匹現れた。
川崎市の猫

 ここはまだらファミリーの猫拠点。出てきた猫もシルバーチンチラという珍しい毛色だ。
川崎市の猫

川崎市の猫

 茶トラ白はシルバーを眺めている。こいつの背中は尋常性白斑のように見えるんだが、動いてくれないので確認できない。たまにこの辺りで見かけることはあるが、いつもこんな感じで草むらにいて(一例)、懐いてくることもないし逃げることもしない。
川崎市の猫

 シルバーチンチラは最もティッピングの大きな毛色で、白抜けが生え際から先端近くにまで達している。この子は辛うじて鉢割れが分かるレベル。
川崎市の猫

 ほかのメンバーは出てこなかった。
川崎市の猫

 稲城の散歩で会えたのは1匹のみ。馴染の白がいつもの場所で日に当たっていた。
稲城市の猫

稲城市の猫

 うーん、ここだと顔が陰になっちゃうねえ。
稲城市の猫

 最後に自分用の備忘録。
 土浦で「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」を見て、ついでに猫を探す。小湊鉄道にDMH17Cの音を聞きに行って、ついでに猫を探す。JAF神奈川支部で運転免許証の中国語翻訳文を作ってもらって、ついでに羽沢横浜国大駅まで歩いて猫を探す。さらに鶴ケ峰からバスに乗ってズーラシアのメロディさんに会いに行く。時間を見つけて金子駅から入間市駅まで歩く。できれば冬の間に奥多摩猫集落を攻略する。京王線猫行脚を頑張る。鶴見線にも行く。色紙にサチコとマコちゃんの手形を取る。
稲城市の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 枋寮郷の猫
  4. 東村山市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 豊島区の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 多摩市の猫
  2. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  3. 小金井市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 相模原市の猫
  7. 立川市の猫
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP