20200202


八王子の猫

 今日は前から読んでも後ろから読んでも20200202というめでたい日で、しかも昨日から二連休だったはずなのに、諸般の事情で夜勤が入ってしまい、友達が出演する吹奏楽のコンサートに行けなかった。ついでに八高線の金子から会場の入間市市民会館まで猫を探して歩くつもりだったが、これも次回にお預けとなった。
 一昨日の夜から作業していたブログのデザイン変更は、幸いトラブルもなくほぼ完了したが、一晩だけでは時間が足りなくて、猫の毛色の紹介ページが工事中のまま。今月は初っ端からツイてない。
 猫の方は出勤前に会えたので、新テーマの動作確認を兼ねて報告を。京王線の北野駅をスタートしたのは正午すぎ。最初の猫に遭遇したのはそれから8分後のことだった。
八王子の猫

 玄関前に張り付いている。お昼ご飯を待っているのかな。
八王子の猫

 「裏に回っても誰も出てこないんだよ。困ったなあ」
八王子の猫

 定点の猫路地には高みの1匹のみ。今年は未だかつてない暖冬だからか、日差しを求めて屋根に上る猫が少ない気がする。
八王子の猫

八王子の猫

 少し引っ込んでいるので全身が見えない。これでもライブビューで万歳して撮っているんだけれども。
八王子の猫

 古びたマンションの通路の奥に猫の背中あり。
八王子の猫

八王子の猫

 顔見知りの三毛。このマンションのどこかに居を構えているらしいが、通りから見える場所にいることが少ないので、なかなか会えない。
八王子の猫

 背中をこちらに向けているのは、隣の邸宅の主人と塀越しに「にゃーお」「にゃーお」と会話していたから。見てはならない秘密の儀式を見てしまった気がして、忍び足でその場をあとにした。
八王子の猫

 三毛マンションのあとはぼちぼち。背後に気配を感じて振り向いたらいた。
八王子の猫

八王子の猫

 急ぎ足で縄張りに戻る黒。目線はもらえず。
八王子の猫

 最後の猫はくたびれた二毛。
八王子の猫

八王子の猫

 初めて会ったのは2015年8月だと思うが、当初から体調の波が大きい印象だった。冬場は余計思わしくないのかも知れない。
八王子の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 国立市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 調布市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  3. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  4. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  5. 多摩市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP