17日の続き


国立市の猫

 一昨日は我が家の2匹をお風呂に入れた。季節的に抜け毛がひどくなっていて、頻繁にゲボして辛そうだったので、7月上旬にする予定だったのを前倒しした。どちらもお風呂は好きで、風呂上がりは特にごろごろして機嫌がいいが、湯冷めするといけないので、こたつを出しておいて、乾くまで自由に出入りできるようにしておいた。あと、今回初めて湯船に入れてみたら、きょとんとしながらも、大人しくお湯に浸かっていてくれた。ただし足がつかない深さだと、俺が支えていてもパニックになってしまってダメ。水深30cmぐらいが限度だろうが、それでもお湯に浸かってくれれば、シャンプー後のすすぎが楽になるから助かる。
 今日載せるのは、17日の散歩で見かけた猫たち。昨日の夜勤前にも谷保から分倍河原まで歩いてみたんだが、見かけた猫は場所的にほぼ撮影不能で、泣く泣く諦めた。
 17日のコースは立川から国立までと距離が長く、途中の遊歩道で休憩するまでが前回載せた分。しかし、そこから国立まではまったく猫に会うことができず、今日載せる残りの猫たちは、みんな遊歩道の周辺で見かけた猫たちだ。
 ゴメン顔の茶トラ白は眠そうで、相手してくれそうになかったので、その辺を一回りしていると、とある民家の給湯器の上で寝ているのがいた。
国立市の猫

 死んだように寝入っているな。
国立市の猫

 あ、起きた。
国立市の猫

 この辺りで時々見かけるまだらの子。寝ぼけているようだね。
国立市の猫

 小ぢんまりした住宅街をさらに行くと、前方に黒白のお尻を発見。追跡してみよう。
国立市の猫

 尾行はこういうものを駆使して、バレないように気をつけないとな。
国立市の猫

 ……と思って角を曲がったら、黒いのに入れ替わっているではないか。うーん、巻かれたか。
国立市の猫

国立市の猫

 で、さっきのまだらの場所に戻ってしまった。
国立市の猫

 向こうで三毛が寝ていた。
国立市の猫

 そーっと近寄ったつもりだったが、尻尾を立てて待機していた。とても人懐っこい子。
国立市の猫

国立市の猫

 ごろごろすりすり忙しくて、なかなか止まってくれない三毛。5分ぐらい粘ってやっと止まった。
国立市の猫

国分寺市の猫

 ここも遊歩道の定点。いつもの黒白は元気そうにしている。
国分寺市の猫

 向こうから黒いのもやってきた。
国分寺市の猫

 車の下で人待ち顔、ご飯の時間が近いのかな。
国分寺市の猫

 振り向くと、常駐のサバトラもいた。
国分寺市の猫

 あとはゴメン顔の茶トラ白(さっき会ったのとは別)がいれば、フルメンバーなんだけどな。
国分寺市の猫

 ん?
国分寺市の猫

国分寺市の猫

 そんな隅っこで何しているの?
国分寺市の猫

 近寄ってみたけど、こちらのことはまったく眼中になし。初めて見る長毛ゴメン顔だった。
国分寺市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 奥多摩町の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  2. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  3. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  4. 府中市の猫
  5. 日野市の猫

    2020.6.27

    保護土嚢
  6. 立川市の猫
  7. 三鷹市の猫
  8. 八王子市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP