白猫のロマン


国立市の猫

 猫の毛色を司る遺伝子の一つにWというのがある。一般に白色遺伝子とも呼ばれているこの遺伝子はとても強力で、毛色に関するほかの遺伝子型が何であっても、優性のWが1個あるだけで、毛色を完全に真っ白にしてしまう。しかし不思議なことに、そんなに強力な遺伝子の割に、白猫は巷に多くない。一体なぜなのだろう。
 35℃近い谷保の街をとぼとぼ歩きながら考えた結果、今は目立つ被毛だから生きるには不利でも、気候の大変動が起こって氷河期になった時、みんな一斉に白い毛皮に着替えられるよう準備しているに違いないという結論に達して目的地に着いた。優性遺伝でしかも最上位なのだから、条件さえ整えば、短期間で衣替えを済ませられるはずだ。もしかしたら遠い未来の関東平野では、ホッキョクグマやホッキョクギツネとともに、白猫たちが雪原に遊んでいるかも知れない。
国立市の猫

国立市の猫

 いつも一緒の2匹。暑いけど元気そうだね。
国立市の猫

 とてもゆっくりなごろーん×2。
国立市の猫

国立市の猫

 氷河期になったら君の出番かもね。
国立市の猫

 「それはずいぶん気の長い話だなあ」
国立市の猫

 体調がいいので何となく歩き続けていたら、ブアイソーズ公園に着いてしまった。真昼には珍しく、木陰で黒白が昼寝している。
国立市の猫

 「なんだよー、寝てんだよー」
国立市の猫

 「まったくもー」
国立市の猫

 こっくりこっくり。
国立市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 国立市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 調布市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 調布市の猫

    2020.4.7

    お焦げさん
  2. 府中市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  5. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  6. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  7. 多摩市の猫
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP