日陰で蠢く


川崎市の猫

 今日も厳しい炎天下の散歩。正午前には35.2℃を記録して、長い時間歩き続けると生命の危険があるため、稲田堤駅の周囲を一回りするだけに留めておいた。それでも体への負担は重く、途中、街路樹が途切れて日なたが続いた時は、駅までたどり着けるか不安に感じるほどだった。
 1匹目はスタート直後に発見。民家の隙間で行き倒れ的に寝ていたサバトラ。
川崎市の猫

川崎市の猫

 目鼻立ちのはっきりした子。ここに住むもう1匹のキジトラとは恐らく兄弟。
川崎市の猫

 「日差しが強くて困るわあ」
川崎市の猫

 瓢簞横丁にはサビがいて、日なたに出るのを躊躇っていた。
川崎市の猫

 「あちちち」
川崎市の猫

 「地面が熱くて肉球を火傷するの。昔は土の地面だったのに、これじゃ出歩けないわ」
川崎市の猫

 この季節、定番の位置で猫が伸びていた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 不用意に近寄ったらドタバタと音を立てて逃げてしまい、隣の納屋から白いのが顔を出した。
川崎市の猫

川崎市の猫

 今いち事態が飲み込めていない白は、その場に佇立したままぽかんとしていた。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 三浦市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 相模原市の猫
  4. 朝霞市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP