出かけられない


国立市の猫

 昨日はからし号に乗って近場の猫拠点をいくつか回ってきた。天気予報では曇りだったが、最近いつもそうであるように、結局はだらだらと雨に当たりながらの散歩になった。一旦帰宅したあと、大量の洗濯物を積んでコインランドリーに出かけ、乾燥機を回している間に買い物を済ませ、ご飯の当番だったので夕方からは台所に立った。そうこうしている間も雨は降り続けていて、和室の畳にカビが生えていることに気づくと、急激に気力が萎えて、ブログの更新もしないままサチコと一緒に床に就いた。
 せっかくの三連休(世間は四連休)だというのに、ろくに出かけられない。外に出れば間違いなく雨に当たるし、そもそも感染拡大で遠出できるような状況ではなくなっている。国を挙げてGo To Travelキャンペーンを実施している一方、東京は対象外だというし、旅行が推奨されているはずの観光地では、クラスターが発生して上を下への大騒ぎになっている。医療体制の脆弱な島嶼だけでなく、奥多摩の猫集落のような高齢者ばかりの限界集落なども、今の状況ではとても行けない。この分では9月の沖縄も12月の台湾も無理だろう。
 昨日の散歩は路地奥の黒白から始まった。
府中市の猫

 猫のこういう無目的な佇まいが好き。ずっと見ていられるよ。
府中市の猫

 あちらは見つめられるのがイヤみたい。なかなか利害が一致しないものだな。
府中市の猫

 三度目の猫路地で三度目のキジ白に遭遇。ここがご飯の待機場所?
府中市の猫

府中市の猫

 背後のお皿は空っぽ。連休だから、いつもより出てくるのが遅いのかも知れない。
府中市の猫

 6時半になり、からし号で次の散歩地へ。すでに馴染の灰白が道端に出てきていた。
国立市の猫

国立市の猫

 ちんまりしている。今日はご機嫌いかがかな。
国立市の猫

 悪くないみたい!
国立市の猫

 少し離れたところからダミ声が聞こえてくる。猫好きが現れたことを敏感に察したようだ。
国立市の猫

国立市の猫

 時々見かける黒っぽいキジトラ。ここもやはりご飯待ち。
国立市の猫

 その背後からもか細い猫の鳴き声が。ここってほかに猫いたっけ。
国立市の猫

 ……と思ったら、すぐ後ろにいるんじゃん。
国立市の猫

国立市の猫

 初めて見かける子。警戒心が強く、近寄る素振りを見せるとすぐに隠れてしまう。
国立市の猫

 俺が離れた隙にキジトラも出てきた。要するに、俺はここでは避けられているんである。
国立市の猫

 元の場所に戻ると灰白の姿がなくなっていて、代わりに相方の黒白が現れて草を食べていた。
国立市の猫

 雨続きは鬱陶しいけど、葉っぱは柔らかくて食べやすいのかな。
国立市の猫

 「そうだよ。雨も悪いことばかりじゃないよ」
国立市の猫

 とはいえ毎日これじゃ気が滅入る。美味しいものを食べるとか、欲しいものを買うなどということは、お日様の代わりにならないことがよく分かった。
国立市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 羽村市の猫
  3. 西螺鎮の猫
  4. 小平市の猫
  5. 多摩市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 昭島市の猫

    2020.7.30

    息子さん?
  3. 八王子市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.7.28

    雨降る花街
  5. 立川市の猫
  6. 国立市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 調布市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP