ごろごろ療法


中央区の猫

 偏頭痛のしつこいやつに見舞われて、散歩どころか仕事にも行けず、床に伏せって唸っていた。腋の下にはサチコが張り付いて離れず、ごろごろと喉を鳴らす低周波が効いたのか、今日になってようやく動けるくらいに回復した。きっと寒いのだろうと思い、抱いてやっているつもりだったが、俺が猫に抱かれていたのかも知れない。
 そんなわけで、今日載せられるのは仕掛かり猫が1匹だけ。今月1日、月島や勝どき、皇居などを歩き回って、唯一会えたのがこの茶トラ。勝どき勤務時代に時々見かけた子だと思う(こちら)。
中央区の猫

 月島や勝どきは次々にタワーマンションが建ち、昔ながらの路地は早晩失われるようだ。その街づくりが何をもたらすのか、100歳ぐらいまで生きて、見届けられたら面白いんだがなあ。
中央区の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 国分寺市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 国立市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫
  2. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  3. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  4. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  5. 府中市の猫
  6. 日野市の猫

    2020.6.27

    保護土嚢
  7. 立川市の猫
  8. 三鷹市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP