ゆっくり邸の白


昭島市の猫

 ブアイソーズの軍手さんはやはり死亡していた。広いウッドデッキの床下の奥に横たわっていたそうで、行方をくらませてから2~3日はそこでじっとしていたものと思われる。昨夜遅くに発見を知らせるメールが届いていたが俺がそれに気づいたのは朝になってからで、息絶えたのは恐らく一昨日(俺が訪問した翌日)ごろだろうと書かれていた。ブアイソーズという所属グループ名から察せられるように、まったく懐く兆しのない子だったが、ブアイソーズの中では最も長い付き合いなので顔ぐらいは覚えられていたはずだ。会えても逃げられることが多く、カッコ良く撮れた写真というのも少ないが、これなんかは割といい方かと思う。亡骸はほかの仲間たちが眠る家の畑に埋葬するとのこと。
 散歩の方は芳しくなく、自転車で15kmも走ってカメラに収まったのは3匹。日差しがなかったのでもう少し行けると思っていたが、今日はなぜかタイミングが悪くて、お昼寝中のを何匹もスルーする羽目になった。
 でもまあ久しぶりに中神の泥棒鉢割れに会えたからチャラかな。
昭島市の猫

昭島市の猫

 近寄る素振りを見せると逃げてしまうので、最初はただの通行人と見せかけつつ、やおら振り向いてシャッターを切るという技が必要な子。
昭島市の猫

 ちょうど1年ぶりなので、前回も花壇に似たようなお花が咲いていた。飼い主の婆さんも元気にしているのだろう。
昭島市の猫

 最近は近寄っただけでバレるようになったエビ邸のエビ子。
昭島市の猫

 前置きもそこそこに、ごろーん。
昭島市の猫

 足音で聞き分けているのかしら。エビ子さんはすごいねー。
昭島市の猫

昭島市の猫

 年のせいか衰えが目立つようになった。涼しい日を狙ってまた来るから、ちゃんと食べて休んでね。
昭島市の猫

 「もう行くの」というような顔でずっとこちらを見つめている。ああされると後ろ髪を引かれて立ち去りがたい。
昭島市の猫

 最後に立ち寄ったのはゆっくり邸。見える範囲には馴染の白がいた。
立川市の猫

立川市の猫

 この子はFIV(猫免疫不全ウイルス)のキャリアだそうで、家の中には入れてもらえず紐で繋がれているけど、ここではいちばん元気で長生きしているのだから人生って分からない。初めて会ったのは2014年10月のことだった。
立川市の猫


関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 虎尾鎮の猫
  3. 日野市の猫
  4. 東大和市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

▶このブログは日本語で記述されています。メインメニューから他の言語を表示することもできますが、Google翻訳を使用しており正確性は保証されません。這個部落格以日文撰寫。從主菜單中可以查看其他幾種語言。這些語言由Google翻譯、不保證準確性。This blog is written in Japanese. Several other languages can be viewed from the main menu below. These are translated by "Google Translate" and accuracy is not guaranteed.

▶ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。AI学習用のWebクローラーはすべて拒否しています。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。這台伺服器拒絕所有用於AI訓練的網路爬蟲。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. This server denies all AI training web crawlers.

Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 川崎市の猫
  2. 川崎市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 稲城市の猫
  8. 東村山市の猫

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP
一日一猫の更新情報を受け取りますか? 受け取る 結構です