猫を訪ねて日台ハシゴ旅10(北港)


北港鎮の猫

 北港は雲林県に属する人口約41,000人の鎮で、台湾島を伏せた猫の背中に例えるなら左後ろ足に位置する内陸の街だ(鎮は日本における町に相当)。かつては台湾糖業鉄路で嘉義や虎尾と結ばれていたが、現在は路線バスが唯一の公共交通機関で、旅行者にとっては行きにくい場所の一つになっている。
 四国・台湾猫旅4日目(3月22日)の散歩は北港からスタートしたが、この前夜は30kmも離れた斗六に泊まったので、早朝一番のバスに1時間20分も乗らなければならなかった。北港で朝の散歩をするなら北港に泊まればいいものを、そうしなかったのには色々と理由があるのだが、経緯を全部説明するときりがないのでかいつまんで書いておく。鉄道のない雲林県西部はとにかく移動が不便で、バスの路線網は充実しているものの運転本数が少なく、県内のあちこちを散歩するとなると順番や滞在時間が限られてくる。当初この日の散歩は西螺から始めるつもりだったが、オフシーズンの平日にもかかわらず西螺中の宿が満室だったことが一つ目の誤算だった。仕方がないので前泊地を鉄道沿線の斗六にして、翌朝一番のバスで西螺へ向かうことにしたが、今度は西螺から先の乗り換えがうまく繋がらない。時刻表と首っ引きで調べた結果、北港→台西→西螺の順なら俺の要求を満たすことが分かり、3月22日の朝は斗六駅前6:15発の北港行き台西客運7123路に乗ることになった。「俺の要求」というのは西螺散歩を朝か夕方にしたいことと、各地の散歩タイムを最低2時間程度確保できることの2点。
 ちなみに計画の段階では西螺一帯の宿が軒並み満室だったことを不思議に感じていたが、あとになって台湾屈指の大イベントである白沙屯媽祖進香(進香=巡礼)にぶち当たっていたからだと分かった。媽祖様は台湾で最も慕われている女神様で、その総本山である北港朝天宮には国内各地から多くの進香団体が訪れる。中でも苗栗県通霄鎮を起点とする白沙屯媽祖進香は最大規模のもので、事前に登録されている参加者だけでも18万人、沿道や経由地の見物客を含めれば100万人以上の人出となる。その進香が200km離れた北港へ到達したのが3月23日、つまりこれから紹介する北港猫散歩の翌日で、周辺の宿泊施設が予約でいっぱいだったのはもちろん、俺が泊まった斗六の駅前や街なかもテント泊のグループや野宿する人、あるいはそれらをサポートする人などで大変な混雑だった。俺はこのイベントの存在をまったく意識していなかったが、もし一日遅い3月19日夜に東京を出発していたら、瀬戸大橋の通行止めと媽祖進香のダブルパンチで旅程が崩壊していたはずだ。この雰囲気を上手く文章化するのは難しいが、日本で言えばお伊勢参りが盛んだった江戸時代に元旦のおはらい町で猫を探し回るような感じだろうか。
 ……というわけで本題の北港猫へ。翌23日は人で埋め尽くされることになる街なかはまだひっそりとしていて、ご飯待ちと思しき猫が玄関前に張り付いていた(前回の記事はこちら)。
北港鎮の猫

 時刻は7:51で散歩スタートから15分が経過。ご飯が出てくる気配はまだない。
北港鎮の猫

 古い空き家が並ぶ路地に入ると、侵入者を警戒する猫たちが様子を見に出てきた。
北港鎮の猫

北港鎮の猫

 びっくり顔すぎて笑っちゃった。君たちは感情が顔に出すぎだよー。
北港鎮の猫

 食後の猫はまったりモードになっている。逃げられずに近寄れるかな。
北港鎮の猫

北港鎮の猫

 おおっと、どうぞそのままで。私は日本から来た旅の者です。
北港鎮の猫

「おお、日本人か! 先週も青森県の大間稲荷神社から進香が来たばかりだ。お前も楽しんで行くが良い」
北港鎮の猫

 行く手の道端に猫が佇んでいた。
北港鎮の猫

北港鎮の猫

 しかし、屋根の上へ逃走。お腹がおめでたっぽいようにも見えるから、余計警戒しているのかな。
北港鎮の猫

北港鎮の猫

 塀の上には三毛ちゃん。これはもしかして芋づる式にたくさん出てくるやつ?
北港鎮の猫

「你一定要撫摸我(あなたは私を撫でるのよ)」
北港鎮の猫

 尻尾でスキンシップを促している。それじゃお言葉に甘えて。
北港鎮の猫

北港鎮の猫

 ごろごろすりすりが止まらなくなったけど、曇って暗いので撮った写真はブレまくり。人懐っこい様子は動画をご覧ください。
北港鎮の猫

 屋根の上でも連鎖反応を起こしているね。下りてきたら一緒に撫でるのに。
北港鎮の猫

「それは大丈夫です」
北港鎮の猫

 大丈夫じゃ肯定なのか否定なのか分かんねんだよと一人ごちる俺を遠くから眺めているのもいた。
北港鎮の猫

北港鎮の猫

 一度は逃げかけた茶トラだけど……、
北港鎮の猫

 転がる三毛ちゃんには興味があるみたい。
北港鎮の猫

北港鎮の猫

「哇、嚇我一跳!(わあ、びっくりした!)」
北港鎮の猫

 この子は個性的な顔立ちで、無尾に近いボブテイルが可愛らしい。所沢の子武蔵なんかを見比べると、同じ毛色の猫でもずいぶん顔立ちや体つきが違うものだと今さらながら驚く。
北港鎮の猫

 そしてここは予想通り芋づるの路地。先ほど茶トラが乗っかっていたスクーターにはいつの間にかサビがいて、俺たちの様子を眺めている。この続きはまた後日!
北港鎮の猫


関連記事一覧

  1. 多摩市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

▶このブログは日本語で記述されています。メインメニューから他の言語を表示することもできますが、Google翻訳を使用しており正確性は保証されません。這個部落格以日文撰寫。從主菜單中可以查看其他幾種語言。這些語言由Google翻譯、不保證準確性。This blog is written in Japanese. Several other languages can be viewed from the main menu below. These are translated by "Google Translate" and accuracy is not guaranteed.

▶ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。AI学習用のWebクローラーはすべて拒否しています。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。這台伺服器拒絕所有用於AI訓練的網路爬蟲。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. This server denies all AI training web crawlers.

Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 川崎市の猫
  2. 川崎市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 稲城市の猫
  8. 東村山市の猫

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP
一日一猫の更新情報を受け取りますか? 受け取る 結構です