稲田堤ハンパないっす


多摩市の猫

 今日夜勤が明けて、明日もまた夜勤なので、仕事帰りの散歩はほどほどで済ますつもりだったが、この季節は天気がいいと目に入るものがみんなきれいに見えて、一度歩き出すとなかなか切り上げられない。今日も1時間程度で済ますつもりだったが、結局2時間以上歩き回ってしまった。
 そんなに歩いた原因はほかにもあって、それは今日の散歩コース。新規開拓ということで、稲田堤から中野島まで寄り道しながら歩いたんだが、この辺りの道路の分かりにくさは半端じゃなかった。中野島に近づいてから、少しだけと思って、あらかじめ用意した地図の範囲から出たのが運の尽き。あっという間に迷って、1時間近く余計に歩く羽目になった。
 では今日の猫。仕事を終えたあと、帰りのバスの時間まで10分ほどあったので、バス停の前の公園で一服していたら、こちらに向かってくるのがいた。
多摩市の猫

 とことこ。
多摩市の猫

多摩市の猫

 眉間のところが茶トラになっているから、二毛だね。巡回中かな。
多摩市の猫

 「子供たちのご飯を探しているのよ。たくさん食べさせて、冬を越さなければいけないの」
多摩市の猫

 「あなたももう少し太らないと越冬できないわよ」
多摩市の猫

 一旦バス停に行って発車時刻を再確認して、再び戻ると、木に登っていた。
多摩市の猫

 鳥を狙っているらしい。
多摩市の猫

 「あれだけいれば、当分お腹いっぱいね」
多摩市の猫

 ちょっと厳しいんじゃないのー?
多摩市の猫

 「根性で獲ったるわ。こら待たんかい鳥ー」
多摩市の猫

 無理めの狩りを最後まで見届けたかったが、バスが来たのでさようなら。多摩センターで電車に乗り換えて、京王稲田堤から散歩開始。最初の猫を見つけたのは50分後だった。
川崎市の猫

 草むらに潜む黒白。近寄ったら裏の駐車場に逃げてしまった。
川崎市の猫

 一旦止まってこちらを一瞥。
川崎市の猫

 そして日なたぼっこに移行した。
川崎市の猫

 同じ駐車場にもう1匹いたような気がしたので、5分ほど待っていたら、案の定黒いのが現れた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 なかなか都合の良い場所には行ってくれない。土手の下の果樹園で止まったところを何とか一枚。
川崎市の猫

 民家の敷地の奥にも1匹いた。もう少し分かりやすい場所にいてくれませんかね。
川崎市の猫

 「この辺りは交通量が多いから怖いんだよ」
川崎市の猫

 そして再び猫影が失せ、途中おしっこが我慢できなくなって、建築現場の仮設トイレを貸してもらったりしながら歩くこと40分。とある民家で見つめ合う2匹を発見した。家の中にいるのは白い美人さん。
川崎市の猫

 そわそわ。
川崎市の猫

 救いを求めるような眼差し。俺が手を出すと捕まっちゃうから無理だよ。
川崎市の猫

川崎市の猫

 隣の空き地の横には黒白もいた。順番待ち?
川崎市の猫

 その後道に迷って、駅と正反対に向かっていることに気づくまで30分かかり、さらに30分かけて正しい方向に歩いていると、道端に1匹見つけた。
川崎市の猫

 今日のコースはちょっと遠回りだけど、出退勤時に通れるので、そのうちまた開拓しに来る。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 羽村市の猫
  2. 奥多摩町の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 稲城市の猫
  5. 立川市の猫
  6. あきる野市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP