熟女と子猫ふたたび


昭島市の猫

 10連休のあとはリハビリ的に2日間の日勤があり、明日と明後日は再びお休みなので気分が軽い。明日は暑くなるというので端から出かける気はなく、一日中家に引きこもって過ごすつもりだ(もしかしたら電設業者がアンテナ取り付けの見積もりに来るかも知れない)。猫の方は台湾・瑞芳で会った子たちが出番を待っているので、明日はそちらを紹介する予定。
 今朝は昨日よりだいぶ暗めの曇りだった。日の出が遅くなってきたこともあり、6時前に家を出ると、近所の猫の写真を撮るのがだいぶ苦しい。黒煙ちゃんは暗くてもちゃんと路地を見張っているが、その瞳はまん丸に近づいてきた。
府中市の猫

 ごろーんも披露してくれたけどブレブレ。使えそうな写真はこれぐらい。
府中市の猫

 今朝の散歩地は拝島にしようと思っていたが、立川まで戻る時間がかかりすぎるので断念。すでに青梅線の電車に乗って立川を発車したあとだったので、散歩は隣の西立川からスタートすることにした。
 時刻は6:30。日差しがないので巨大黒猫は寝ているだろうと思っていたら、意外にも箱から出てちゃんとしていた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 指の匂いで挨拶してくれたが、紙幅の関係で写真は省略。少し離れて全身を一枚。
昭島市の猫

 撫でられるのは好きだけど、カメラはあまり好きじゃないみたい。
昭島市の猫

 この子は誰でしょう。
昭島市の猫

昭島市の猫

 エビんちの三毛でしたー。気難しい顔をしているけど、前足は踏み踏み中。
昭島市の猫

 朝は機嫌がいいねえ。
昭島市の猫

昭島市の猫

 離れると再び気難しい顔に戻る。撫でて欲しいのね。
昭島市の猫

 定点の猫避暑地。先日は美人さんの妹を見かけたが、今朝は顔見知りの黒がいた。
昭島市の猫

 もうバレている。この角度で目が合うとは。
昭島市の猫

昭島市の猫

 相方の茶トラ白は不在。美人さんの妹も見かけなかった。
昭島市の猫

 屋根上のサバ渦はとても久しぶり。前回会ってから1年半近く経った。
昭島市の猫

昭島市の猫

 庭の松の木が伐採されたり、周囲の家が解体されるなどして、屋根に登るルートはなくなったはず。室内飼いになったということなのかな。
昭島市の猫

 灰色の熟女・青2号が路地の奥からやってきた。
昭島市の猫

 しゃなりしゃなり。
昭島市の猫

 アゲハチョウの匂いを嗅ぐなどして……、
昭島市の猫

 自宅の玄関前に落ち着いた。
昭島市の猫

 周囲からは盛んに子猫の鳴き声が聞こえてくる。
昭島市の猫

 ほらいた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 拝島の代わりにこのコースを歩くことにしたのは、先日この路地で子猫を見かけたから(こちらの記事)。あの時はまだ幼すぎて歯が立たなかったが、そろそろ外界に慣れたころだろうと思い来てみた次第。
昭島市の猫

 もう1匹の黒白も先日見かけた子。目の炎症はすっかり良くなったようだ。
昭島市の猫

 金木犀や彼岸花など、秋の花の開花が例年より遅れているそうだが、今年は子猫の外界デビューもやや遅い気がする。彼らの生活も気候と連動しているのかも知れない。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 国分寺市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 福生市の猫
  5. 所沢市の猫
  6. 江東区の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  3. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  4. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  5. 多摩市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP