寒空の下のブアイソーズ


昭島市の猫

 ブアイソーズの一日は7時きっかりに始まる。
 夜明けとともに宴会場の公園には猫たちが三々五々集まってきて、やがて婆さんの登場とともにブレックファストが始まり、そしてそれは10分ほどで終わる。夏の間は7時でも充分明るいので、食事の始まる前から猫たちを観察できるが、今の季節はそんなに早く行っても暗くて写真が撮れない。したがって、着いた時は大方の猫たちが散ってしまって、残っているのはわずかな猫と後片付けの婆さんだけになる。たまには俺のような人間が現れて、残った婆さんや猫たちと二言三言挨拶を交わすこともある。今朝の散歩もそんな感じで始まった。
 最初に会った猫は、ブアイソーズ公園の手前の民家で。
国立市の猫

 今朝の気温は昨日ほど低くはなく、氷点下0.5℃ほど。それでも曇って寒かったせいか、冬毛が立って背中が尖っている。
国立市の猫

国立市の猫

 ブアイソーズ公園に残っていたのは、すでに食事を終えた数匹の猫たち。
国立市の猫

 こいつは新顔かな。このあと少し毛繕いをして、住宅街に戻って行った。
国立市の猫

国立市の猫

 ボス的キジ白は、周囲を憚りつつ盛大に排泄中。
国立市の猫

 このあとモノレールの柴崎体育館駅まで歩いたが、散歩時間に対して距離が長すぎたため、早歩きになってしまって猫は見つけられなかった。
国立市の猫

 仕事を終えて家に帰ってきたら、向かいのマンションの通路にいつものキジ白がいた。
昭島市の猫

 小さなちり取りの上で、いつまでもじっとしていた。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 稲城市の猫
  6. 中央区の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP