無尾猫を訪ねて(2)と今朝の猫


八王子市の猫

 今日はまず一昨日の奥多摩散歩の続きから。
 運良く無尾のキジ白に出会えたが、尻尾の形状を分かりやすく撮ろうとしたら逃げてしまって、見失ったので、ひとまず上の段に登ってきた。しかし、いつもなら何匹もの猫たちが集う広場に猫影はなく、辛うじて集会場の片隅に黒白が佇んでいるのみだった。
奥多摩町の猫

 ほかのみんなはどこに行っちゃったの?
奥多摩町の猫

 ただ1匹の黒白も建物の裏に消えてしまって、手持ち無沙汰になったので、広場の片隅の丸太に腰かけて一服していると、思いがけずさっきの無尾猫が登ってきた。
奥多摩町の猫

 特に人懐っこいわけでもない無尾猫を、何とかお尻側から撮った1枚。
 ボブテイルのようなポンポン風の尻尾ではなく、ほとんど無尾と言っていいレベル。ただ、前回書いたマンクスのM遺伝子由来かというと疑問が残る。マンクスの無尾は優性遺伝であり、自然繁殖しているこの土地で、ほかに無尾の猫が現れないのは不自然だからだ。もっとも、マンクスと普通の猫を交配しても、子猫が無尾になる確率は2分の1にすぎないのではあるが(Mm×mmMMは致死なので親としてはあり得ない)。
奥多摩町の猫

 とりあえず無尾猫の写真を撮ったので、満足して下の段に移動。猫民家入口で2匹の猫が見張りしていた。
奥多摩町の猫

 しゃがんで写真を撮っていたら1匹追加。ここにはたくさんの猫がいるが、みんな個性的な顔立ちなので、そんなに何度も会っていない割に区別はつく。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 敷地で寛いでいるのも何匹かいた。さっき見かけたまだらの黒白も戻ってきているね。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 この子は2011年11月に来た時からの顔見知り。元気そうで何より。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 この日の猫集落はこれでおしまい。50分ほど滞在してバスで氷川に戻った。
奥多摩町の猫

 奥多摩の帰り道、福生の西友に寄って買い物したので、ついでに飲み屋街を一回りしてみた。通りを横切る三毛発見。
福生市の猫

 今日は割と機嫌が良くて、呼ぶと「にゃあ」と返事する。
福生市の猫

福生市の猫

 カッコいい面構えの三毛。そのうちまた会いに来る。
福生市の猫

 そして今朝の出勤前。冷え込んで氷点下3.8℃まで下がった八王子に猫1匹。
八王子市の猫

八王子市の猫

 車の下にもいるね。
八王子市の猫

八王子市の猫

 暑かろうが寒かろうが、どんな天気でも猫のいる場所。見つけてもポケットから手を出す気にすらならず、この季節、早朝の散歩はもう無理と思った日だった。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 南州郷の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  2. 府中市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 相模原市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  7. 昭島市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP