偶然の神様


昭島市の猫

 この前、羽田の近くにわんさか猫がいるのを見て、どうも田舎は効率が悪いような気がしてきた。毎朝3~5kmぐらい歩いても、1~2匹しか遭遇しないというのはちょっと淋しい。淋しいだけでなく、写真というのは数を撮らなきゃ上達しないし、偶然の神様も微笑んでくれない。歩いてばかりでは疲れも溜まる。季節が良くなったらもう少し遠出してみよう。
 今朝は家から隣の駅まで、少し遠回りして歩いてみた。
昭島市の猫

 だいぶ長い時間ここで固まっていたのか、動き出す前に大きく伸びた。さあ逃げるか?
昭島市の猫

 再び固まった。黒の背中の毛がすごいことになってる。
昭島市の猫

昭島市の猫

 予定より少し早い電車に乗れたので、西国立まで足を伸ばしてみた。駐車場で茶トラ発見。
立川市の猫

 あどけなさと凛々しさが混在した、微妙な年齢。人間だと中学生ぐらいか?
立川市の猫

 その近くで別の茶トラが壁と同化していた。
立川市の猫

立川市の猫

 会社の近くまで来て、またまた茶トラがこちらを伺っていた。今度のはちょっと太くておっさん臭い。
立川市の猫

立川市の猫

 青い目の未亡人もいた。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 市原市の猫
  3. 日高市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  2. 昭島市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  6. 府中市の猫
  7. 八王子市の猫

    2020.2.11

    定員オーバー
  8. 杉並区の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP