雨の日も雪の日も人懐っこくない猫たち


立川市の猫

 昨日は以前勤めていた会社の子たちと飲みに行っていて、ブログは帰ってきてから更新するつもりだったが、やっぱり眠くなって更新途中で寝てしまった。
 猫関係業務は、飲み会の前に立川市内を歩いてみた。台風が近づいているせいで、雨が降ったり止んだりしていて、その度に雨宿りしながらの散歩だったが、スタート後1時間近く経って、ようやく空が明るくなってきた。そして、それとともに猫たちも出て来た。
立川市の猫

 目が合うなり逃走開始。この辺りにはたくさんの猫がいるが、みんなこんなんばっか。
立川市の猫

 「ひえー」
立川市の猫

 根性で追跡し、数分経ってようやく止まったところを撮影。傍から見るとかなり不審だったらしく、一部始終を見ていた婆さんに誰何されたが、猫にカメラを向けていることに気づくと、「あらまあ、クーちゃん撮ってるの」。その後クーちゃんの誕生から始まる大河小説的人生譚が始まって、本人はその間にどこかへ行ってしまった。
立川市の猫

 家に戻って行った婆さんを見送ってすぐに、次の猫発見。ちょっと分かりにくいかな。
立川市の猫

 ほらいた。
立川市の猫

 青い目の白も夕涼みに出ていた。人懐っこい猫こそ少ないが、天気が悪かったり、時間がなかったりする時、この辺りの猫たちにはずいぶんお世話になっている。こんな日にもいてくれるんだから。
立川市の猫

立川市の猫

 猫の気配の濃い一角をあとにして、西国立駅に向かっていると、びっくり工務店の車庫から見覚えのあるのが出て来た。
立川市の猫

 びっくり顔だ! しょっちゅう通る場所なのに、見かけたのは去年5月以来。元気そうで良かったよー。
立川市の猫

 ご飯の時間だったらしく、傍らで感動している俺にはまったく興味を示さず、事務所の入口に張り付くびっくり顔なのだった。
立川市の猫

立川市の猫

 とある公園で猫型のシルエットを見つけて、近寄ってみると、常駐猫のキジトラだった。
立川市の猫

 人懐っこい子なんだけれども、この日はどうも機嫌が良くなくて、近寄った分だけ離れてしまう。相方の茶トラは去年の暮れに会って以来、ぜんぜん見かけなくなった。
立川市の猫

 最後の寄り道は学校裏の猫アパート。猫置き場で寛いでいるのがいるね。
立川市の猫

立川市の猫

 いつもの人懐っこい三毛。近寄ったら姿勢を崩して、狭いところでごろーんしてくれた。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 奥多摩町の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP