雨のせいばかりではない憚り散歩


立川市の猫

 防水じゃないレンズを雨雪の中使い倒して、ぶっ壊したばかりだというのに、今日も雨の猫撮影。バカだな俺。
 でも、機械は壊れたら買えばいいけど、外猫との出会いは次があるとは限らない。この日この時こいつは確かに生きていたという証を残したいから、カメラやレンズが壊れると分かっていても、やっぱり撮らずにはいられない。まあそうは言っても、霧雨程度だったから、憚らずにカメラを出せたというのもあって、土砂降りだったら少しは躊躇していたかも知れない。
 散歩の方は、夏休み明けかつ病み上がりということで、西立川から茶猫タウン経由で立川までという軽めのコース。今日は夜勤なので、13時すぎから1時間半ほどかけて歩いてみた。
 最初に見かけたのは美人さんの妹。最近ぜんぜん会えなかったので、今日はどうかなと思ってそこいらをうろうろしていたら、駐輪場の隅から顔を出していた。
立川市の猫

 今日はとても機嫌がいいらしい。呼んだらにゃあにゃあ鳴きながら駆け寄ってきた。
立川市の猫

立川市の猫

 それなりに車の通る道路なので、ついて回る妹を駐輪場に誘導して、最後にもう1枚。久しぶりに会えて良かった(前回はこちら)。
立川市の猫

 妹としばらく遊んだあと、傘を差すほどでもない霧雨の中をしばらく行くと、民家の敷地からこちらを見つめる猫発見。
立川市の猫

立川市の猫

 近寄ったら奥へ逃走。毛色は灰霜降り(ブルーティックドタビー)のようだね。白斑が大きめなので分かりにくいけど。
立川市の猫

立川市の猫

 最近、茶猫タウンで茶色の猫を見かけることが少なくなっていて、いつもの猫路地にいたのもキジ白。
立川市の猫

 こいつはこいつで、この辺りじゃ知れた顔なんだけれども。君の茶色い仲間たちはどこに行っちゃったの?
立川市の猫

 同じ路地の地面には二毛がいた。二毛の遺伝子型はOo。減ったように見えても、茶色のO遺伝子はしっかり受け継がれている。
立川市の猫

立川市の猫

 茶猫のいない茶猫タウンからさらに散歩を続行。路地で2匹の猫に遭遇した。どちらもカラーポイントのようだね。
立川市の猫

立川市の猫

 奥にいた方はひょこひょこ逃走。
立川市の猫

 どちらもブラウンタビーポイントかな。この辺りで何度か見かけたことはあるけど、2匹いたとは知らなかった。兄弟か何かだろうな。
立川市の猫

 モノレールに乗る前に、可愛い子ちゃん三毛の家に寄ってみた。
立川市の猫

 いつものメンバーが怠惰にしていたが、珍しく三毛は不在らしい。外に出ることもあるんだな。
立川市の猫

 諸般の事情により、ここにはあまり長く留まらず、さっと数枚撮って立ち去るパターンが多い。今日は時間があったので、少しの間様子を見ていると、割と頻繁に出入りしていることが分かった。まあ当たり前といえば当たり前だけど。
立川市の猫

 キジ白も出て来てた。
立川市の猫

「ラブホテルにカメラなんか向けるもんじゃないぜ」
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 青梅市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 奥多摩町の猫
  3. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  4. 日野市の猫
  5. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  6. 宮古市の猫
  7. 久慈市の猫
  8. 三鷹市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP