手がかじかむ寒い日


日野市の猫

 今日は朝から暗く曇って北風が吹き、終日に渡り気温が一桁という寒い日だった。こうなることは予報で分かっていたが、明日は17℃まで上がるというから、闇雲に厚着で出かけるわけにもいかない。両方のバランスを取ったつもりで選んだ服装が薄すぎたので、日野~甲州街道を結ぶ1時間20分の散歩は凍え死ぬかと思うほどで、今シーズン初めて手がかじかんでカメラをうまく操作できないという事態にもなった。まあ今日我慢した分、明日は楽に歩けるはず。
 このコースを選んだのはオートフォーカス迷う君に会うためだったが、今日も脱兎のごとく逃走してカメラには収まらず。これで2回連続逃げられているので心が折れそうだが、日曜日にそちら方面を歩くチャンスは何度でもあるので今後も頑張る。
 1匹目は姿勢を低くして民家の庭に潜んでいた。
日野市の猫

日野市の猫

 黒白のように見えて実はまだら。詳しく言えばブラックスモーク白という毛色。
日野市の猫

 門扉の隙間からだと勾配があって足元が写らないな。
日野市の猫

 ……なので一旦その場を離れ、自宅へ戻ったころを見計らって再挑戦。色斑が小さいので分かりにくいけど、尻尾を見ると完全な黒ではないことが分かる。
日野市の猫

 築堤を行く快速列車と猫。
日野市の猫

日野市の猫

 たまにここらで見かける麦わら。呼ぶと近寄ってくる人懐っこい子。
日野市の猫

 たまにしか会わない子でも、ああして見送りされると後ろ髪を引かれて立ち去りがたい。
日野市の猫

 水辺の何かを注視する猫発見。
日野市の猫

日野市の猫

 声をかけたら何もなかったかのように近寄ってきた。あっちの方はもういいの?
日野市の猫

「どうせ逃げられんのよ、水鳥なんて」
日野市の猫

日野市の猫

 激しく転がるキジトラ。何度も見かけている子だとは思うけど、この辺りには似たのがたくさんいるので今いち見分けがついていない。
日野市の猫

 次の猫もキジトラ。今日は寒いからみんな隠れて丸くなっているだろうと思ったけど、意外に出歩いているものだね。
日野市の猫

日野市の猫

 この調子で寝坊助四天王の寝ぼけ顔も見たかったが、あいにく箱の中に入っているらしく姿は見えなかった。もともと最大で4匹の猫が暮らしていた場所なので、寒い時はくっついて過ごすなどもできていたが、今残るのは1匹だけなので以前のような姿は見られない。冬の朝に訪ねて行っても箱から出ていることは恐らくないだろう。
日野市の猫


関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 所沢市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 大田区の猫
  5. 日高市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

▶このブログは日本語で記述されています。メインメニューから他の言語を表示することもできますが、Google翻訳を使用しており正確性は保証されません。這個部落格以日文撰寫。從主菜單中可以查看其他幾種語言。這些語言由Google翻譯、不保證準確性。This blog is written in Japanese. Several other languages can be viewed from the main menu below. These are translated by "Google Translate" and accuracy is not guaranteed.

▶ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 新宿区の猫

    2024.2.19

    雨の逢瀬
  3. 甲府市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 多摩市の猫
  6. 八王子市の猫

    2024.2.14

    お仲間集合
  7. 稲城市の猫
  8. 府中市の猫

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP
一日一猫の更新情報を受け取りますか? 受け取る 結構です