北多摩


東久留米市の猫

 東京都に残っている郡部は西多摩郡だけだが、1970~1971年までは北多摩郡と南多摩郡もあった。これらの地域を今でも三多摩と呼ぶのはそのためだ。そのほか東多摩郡や豊多摩郡も存在したが、この二つはもっとずっと昔に消滅している。
 ……で、先日も書いたように西多摩の市町村は制覇したので、今日は清瀬の友達の家に遊びに行くついでに、北多摩に属する小平市・東久留米市・清瀬市の猫散歩をしてきた(ただし清瀬市では見つけられなかった)。北多摩は狭いくせに自治体の数がやたら多くて、こういう機会を利用して少しずつやらないと、なかなか進まないんである。
 最初の猫は大きな農家の敷地で見つけたキジ白。
小平市の猫

 何か捜し物の様子。
小平市の猫

小平市の猫

 こちらのキジトラも落ち着かない様子だが、これは隣家の犬が吠えまくっていたからだ。なぜ吠えまくっていたかというと、隣家の塀の上で寝ていた猫の写真を撮ろうとしたら、びっくりして犬小屋に逃げ込んだらしく、大騒ぎになってしまったからだ。どうも済みませんね。
東久留米市の猫

東久留米市の猫

 こいつは様子を見てるだけ。なお、毛色はキジトラではなく二毛かも知れない。
東久留米市の猫

 歩いた距離の割に猫は見つからず、清瀬までたどり着いたものの、微妙に県境があるためここは埼玉県。このマンションは以前友達が住んでいたので、何度も来たことがあるが、猫がいるのは初めて見た。
新座市の猫

 きれいな毛並みだね。
新座市の猫

 傍らの植え込みには三毛もいた。
新座市の猫

「ん?」
新座市の猫

関連記事一覧

  1. 世田谷区の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 所沢市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 奥多摩町の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  3. 宮古市の猫
  4. 久慈市の猫
  5. 三鷹市の猫
  6. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配
  7. 八王子市の猫
  8. 洋野町の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP