掲載はお早めに


武蔵村山市の猫

 今日の散歩はお休みなんだが、以前撮って載せ切れなかったのが残っているので、あまり時間が経たないうちに紹介しておく。
 一つめは昨年11月23日に撮った分。八高線で瑞穂町に散歩しに行った帰り道、路地の隅で井戸端会議中の2匹を見つけた。
福生市の猫

 三毛はダッシュで逃げたが、茶トラ白は人慣れしているらしい。こういう場合、2匹とも近寄ってくることはほとんどない。
福生市の猫

福生市の猫

 逃げたと思った三毛は塀の上にいた。
福生市の猫

 次は12月4日分。
 大正の終わりから昭和の初めにかけて、羽村堰から多摩湖を結ぶ軽便鉄道があった。3年ほど前、この廃線跡をつぶさに歩いて、自分のウェブサイトにレポートを掲載したんだが、その後の変化を確認するため、久しぶりに散歩してみた。
武蔵村山市の猫

 半逆光だと黒白に見えたが、サバ白だった。
武蔵村山市の猫

武蔵村山市の猫

 愛嬌ふり巻きまくり。
武蔵村山市の猫

 近くの飼い猫らしく、赤い首輪をしていたが、ふくよかすぎて写真にはまったく写っていない。
武蔵村山市の猫

 廃線跡の散歩を終えて、バスで西武拝島線沿線まで移動。駅に向かって歩いていたら、民家の前に猫のかたまりを発見した。だいぶ日が傾いてきたので、家が夕日に染まっている。
立川市の猫

 たくさんいるね。
立川市の猫

立川市の猫

 小さいのは餌場から離れない。
立川市の猫

 この子がいちばん臆病らしく、怪我しているらしい足を引きずって、鉢植えの陰に身を潜めた(つもり)。
立川市の猫

立川市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 川崎市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 奥多摩町の猫
  6. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  7. 日野市の猫
  8. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP