三の酉は塀の上で


府中市の猫

 昨日の夜勤明けの見舞いと猫散歩はかなり体に負担だったようで、家に帰ってすぐに布団に入ったにもかかわらず、目が覚めたら深夜2時になっていた。できる限り、その日の猫はその日のうちに載せるようにしているが、最近は忙しくてそれが守れなくなってきている。自分の体調管理のためにも、各所と交渉して生活環境の改善を図っているが、効果が現れるのはもう少し先になると思う。
 今日紹介するのは一昨日の夜勤前に会った猫たち。歩いたコースは分倍河原から府中本町までで、この区間は線路が大きく屈曲しているため、直線距離は800mほどと短いが、それだとあっという間に終わってしまうので、色々遠回りして約4kmの散歩となった。
 曇りがちで白んだ空の下、まずは軽くジャブ程度に1匹発見。分かるかな。
府中市の猫

 湿っぽい目でこちらを見つめる黒白。チョビ髭がおっさんくさいけど、オスとは限らない。
府中市の猫

 同じ路地で2匹目。これも塀の陰なので分かりにくい。
府中市の猫

 アングルを決めかねてうろうろしていたら、しびれを切らして出てきてくれた。済まないねえ。
府中市の猫

 同じ路地で3匹目。実はここにはたくさんの猫がいるんだが、どれも臆病なので、撮影に成功することはあまりない。
府中市の猫

府中市の猫

 日が傾いてやや赤味の増した廃線跡の遊歩道。かつて高度経済成長で建設需要が旺盛だったころ、多摩川から大量の川砂利を搬出するため敷かれた線路や、第二次大戦の終戦まで立川を中心に存在した陸軍基地や工廠(軍需工場)に敷かれた線路など、東京都下にはこうした廃線跡がたくさんある。現在はその多くが猫のねぐらになっている。
府中市の猫

府中市の猫

 とはいえこの日は日曜日。人通りが多かったせいか、沿道で見かけたのはこの1匹だけだった。
府中市の猫

 駐車場の隅っこでキジ白が寛いでいた。
府中市の猫

府中市の猫

 目を細めていると、睨まれているように見えるけど、実はリラックスの証だったりもする。
府中市の猫

 ……たぶん。
府中市の猫

 市街地はいつもより人出が多かった。日曜日のこの時間だと、すっからかん(とは限らないが)になった人々が淋しげに競馬場から出てくるが、それとは違う明るい雰囲気だった。不思議に思ったまま大きな神社に差しかかって、この日が三の酉だったことを知った。境内は熊手や招き猫を求める人たちでごった返していて、いつもなら参道の脇にいるはずの猫も隠れてしまって出てこない。これじゃ猫探しは店じまいかなーなどと一人ごちながら、諦め切れずにその辺をぶらぶらしていると、塀の上に茶色いのを見つけた。
府中市の猫

府中市の猫

 以前にも何度か見かけたことのある茶トラ。ここは行き止まりの路地だから、人が入ってくることはない。
府中市の猫

 「入ってきてんじゃん」
府中市の猫

 次の猫も塀の上。
府中市の猫

 地面にいたら踏まれちゃう?
府中市の猫

 招き猫を抱えて帰る人は多いが、実物に気づく人は少ない。足を止めて見つめられるようなこともないせいか、キジトラは不思議そうな顔をしていた。
府中市の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 国立市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 国立市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 府中市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  2. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  3. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  4. 多摩市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 日高市の猫
  7. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号
  8. 福生市の猫

    2020.3.23

    初めての挨拶

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP