続・梅と猫


立川市の猫

 今日は朝からドピーカン。毎日早起きだと、それだけ距離も歩くので疲れがたまってしまうんだが、ようやく春の息吹が感じられるようになってきたので、外に出たくて仕方がないんである。
 今朝の目的地は会社の北側にある路地だらけの街。夥しい数の細い路地は、真西から真東に通っているので、南中高度の低い季節だと影になってしまうんだが、お昼休みに歩くには少し遠いので、時間のある朝にゆっくり歩いてみた。
 駅を出てしばらく歩くと、そこは以前も何度か来たことのある猫旅館。近づくだけで猫の気配が濃くなってくる。
立川市の猫

 まずは手前の2匹。使い方を誤るとトイカメラみたいになってしまうのが高倍率ズームレンズの痛いところだ。いずれ単焦点も買う。
立川市の猫

 初めてこの子に会った時は、毛色の分類に悩んだっけなあ。たぶんアグチと茶が混じった二毛で、ww Oo A- C- T- ii D- ssだと思う。
立川市の猫

立川市の猫

 こいつは普通のキジ白。
立川市の猫

 そして猫旅館。今朝も大量の猫が日なたぼっこ中だった。
立川市の猫

立川市の猫

 みんな太陽の方を向いている。
立川市の猫

 一度にたくさんの猫を見ると、どうしていいか分かんなくなってしまうので、猫旅館はさらっと流して目的地に向かった。屋根の上に猫発見。
立川市の猫

立川市の猫

 今朝はたくさん出てるなあ。またいた。
立川市の猫

立川市の猫

立川市の猫

 通り過ぎるふりして1枚。小首をかしげて可愛いねえ。
立川市の猫

 その後、路地だらけの街にたどり着いて、一本ずつ見て回ったが、あいにく空振りだった。会社近くまで来て、ようやく屋根の上に1匹いた。
立川市の猫

立川市の猫

 お昼休みは図書館に本を借りに行ったので、猫散歩は近場をちょっと回ってみただけ。昨日の梅の木に、七三の子供がまた来ていた。やっぱりこういう写真は青空の下が映えるな。
立川市の猫

 今日はお兄ちゃんは来てないんだね。
立川市の猫

 地味に逃げてるし。
立川市の猫

 父と母も仲良くお昼寝中。腕枕なんかしちゃってるし。
立川市の猫

 最後は三毛子でおしまい。今日はたくさんいたなあ。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 新宿区の猫
  2. 立川市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 横浜市の猫
  5. 町田市の猫
  6. 多摩市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 新宿区の猫
  2. 多摩市の猫
  3. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  4. 小金井市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 昭島市の猫
  7. 相模原市の猫
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP