潜んで待つ


国立市の猫

 昨日は夜になってもあまり気温が下がらなかった上に、マコちゃんが布団に入ってきたので暑くて寝苦しかった。サチコは換毛期に入って盛大に毛が抜けるようになり、バルコニーでファーミネーターをかけてやったが、痩せているのでぐりぐり当てることはできず、遠慮がちに撫でつけているうちに飽きられて、中途半端になってしまった。マコちゃんは体重7.1kgと大柄で肉付きもいいが、アンダーコート(下毛)がないので抜け毛はそれほど目立たない。その分暑さ寒さが苦手なので、昨夜ぐらい暖かくても布団に入ってきて一緒に寝ようとする。こちらとしては、一晩でシーツが毛だらけになるサチコよりも、抜け毛の少ないマコちゃんの方が助かるが、体温が39℃近くある生き物に密着されるのはちょっと辛い(俺は低体温なので36.5℃の生き物でも時々辛い)。
 日勤の今日は久しぶりに朝のブアイソーズ公園に行ってみた。
国立市の猫

 時刻は7時ちょうど。無人・無猫の公園で手持ち無沙汰にしていると、どこからかキジトラが現れて、ご飯待ちの定位置に陣取った。こいつは古くからの常駐メンバー。
国立市の猫

 しばらく一緒に待ってみたが、ご飯の婆さんも、ほかのメンバーも現れない。異動でしばらく来ないうちに、色々と事情が変わったのかも知れないな。
国立市の猫

国立市の猫

 ブアイソーズ公園をあとにしてほどなく、民家の敷地に佇む灰白を見かけた。今朝はとても暗くて、感度は設定上限のISO6400。何とかブレずに撮っても色が出ないので困ってしまう。
国立市の猫

 灰白の次はキジ白。にゃあにゃあ鳴きながら歩いていたのを呼び止めたところ。
国立市の猫

 ありゃ、期待させちゃったかな。悪いことしたな。
国立市の猫

 「用がないなら放っといてよ」
国立市の猫

 ベンチの下に猫2匹。
国立市の猫

国立市の猫

 ご飯待ちと思しき黒と三毛。どちらもここらで時々見かける子。
国立市の猫

 藪の中からこちらを窺う猫発見。分かるかな。
立川市の猫

 ほらいた。
立川市の猫

 どうも見覚えのある顔だと思ったら、2012年4月に芝生から顔だけ出していた子だった。そんなところに潜んでいるんじゃ、なかなか会えないわけだよなあ。
立川市の猫

 4年も前に一度だけ見た猫を覚えているのだから、俺の記憶力も捨てたものではない。ちょっと得意になったところで散歩は終盤。
立川市の猫

 ものすごい形相で睨まれていることが遠目にも分かるな……。
立川市の猫

 ああっ、ごめんなさいっ。調子に乗ってましたっ。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 相模原市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 杉並区の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP