雨に追われ猫に逃げられ


昭島市の猫

 どうしても今日中に発送したい荷物があったので、事前に集荷依頼をかけておいたんだが、「13時まで」という約束を待つうちの15分だけシャワーを浴びたら、見事にその間に来て不在票を置いて行った。トムとジェリーのナンセンスドタバタギャグよろしく、俺がヤマトに何か頼むと必ずそうなる。
 猫の方は雨に追われる散歩。以前のアメッシュはごく弱い雨を検知しなかったが、新年度から仕様が変わって精度が上がったため、画面表示と実際の降雨がほぼ一致するようになった。西方から迫る雨雲を避けるようにして、某巨大神社前バス停から拝島駅まで歩いたが、実際は追いつかれていて、最初から最後まで濡れっ放しだった。
 まずはじめに遭遇したのは、急ぎ足でねぐらに戻る茶トラ白。呼び止めたらこちらを振り向いてくれた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 次は敷地の奥で寛ぐ三毛。
昭島市の猫

 遠くて分かりにくいが、クリーム+ブルータビーに見えるので、いわゆるキジ三毛が薄色化したものだと思う。すなわち遺伝子型はww Oo A- B- C- ii dd S- Mc- spsp uuでよろしいかと。普通のキジ三毛はD遺伝子座がddではなくD-
昭島市の猫

 薄色三毛の次は普通の黒三毛。相方の茶トラとべたべたしている。
昭島市の猫

昭島市の猫

 ……何だかとても羨ましいぞ。
昭島市の猫

 たまに通る灰白邸にいつもの灰白がいた。
昭島市の猫

 呆れ顔のように見えるのは、たぶんド近眼だから。なお、植木鉢の陰にも二毛がいるんだが、角度的に撮影不能なので諦めた。
昭島市の猫

 駅に向かう前にシャム混1号の家に寄ってみると、ちょうど顔だけ出して周囲を見回しているところだった。
昭島市の猫

 がりがり。
昭島市の猫

 がりがりのあとは、振り向きもせずに家の敷地に逃げてしまった。無邪気なころのシャム混1号はどこへ行ったー。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 羽村市の猫
  3. 朝霞市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 川崎市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 相模原市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  4. 昭島市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP