飛び地でごろーん


立川市の猫

 体調万全で迎えた今朝は、薄曇りでいい塩梅の空模様だったので、1時間10分コースの朝散歩。20日に疎水べりで見かけたキジ色の霜降りをもう一度確認しておきたくて、今朝も同じ場所を通ってみた。立川からモノレールに1駅だけ乗って、遊歩道に降り立ったのは7時少し前。
 早速、向こう側の土手に1匹いるのを発見した。
立川市の猫

 草むらから顔を出しているところ。ほんの一瞬目を離したら、次見た時には消えていた。
立川市の猫

 土盛りの擁壁の下に座っていた猫。黒毛が真っ黒ではなく、少しチョコレート色っぽくて高級感(?)が漂っていた。まだら模様というやつかな。
立川市の猫

立川市の猫

 期待した通り、20日と同じ場所に同じメンバーがいた。ご飯のおばさんとかぶらないように、前回より少し早め。
立川市の猫

 薄色のサビは逃げてしまって、お尻だけ写っている。
立川市の猫

 やっぱり尻尾にも縞模様がほとんどないね。ってことは霜降り遺伝子がU-なんだろうな。
立川市の猫

 キジ霜降りのあとは市境を越えて東に進んでみた。このあたりは多摩川の伏流水が湧き水となって、古くから農業の盛んだった場所だ。度重なる多摩川の氾濫によって集団移転を余儀なくされた名残で、小さな飛び地があちこちに点在している。そんな飛び地の一角に猫発見。
国立市の猫

国立市の猫

 逆光と順光でずいぶん風貌が変わるもんだね。
国立市の猫

 慎重に近寄ったら、ごろーんも見せてくれた。
国立市の猫

 昨日はあちこちで夏日だったようで、これだけ暑くなると、真っ昼間の日なたに猫は少なくなる。今日はほどよい気温・ほどよい曇り具合だったので、お昼休みもそれなりに見かけたんだが、大方逃げられた。
立川市の猫

 逃げるなよー、逃げるなよー。
立川市の猫

立川市の猫

 日差しが柔らかかったせいか、七三ファミリーの子供Aもまったり顔。
立川市の猫

立川市の猫

 庭では子供Bが捜しもの。家の奥さんが庭いじりをしていたので、世間話をしながら撮らせてもらった。
立川市の猫

 「写真を撮るならおめかしするから待っててね」
立川市の猫

 「はい、いいよ」
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 奥多摩町の猫
  4. 立川市の猫
  5. 田中鎮の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  2. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  3. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  4. 府中市の猫
  5. 日野市の猫

    2020.6.27

    保護土嚢
  6. 立川市の猫
  7. 三鷹市の猫
  8. 八王子市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP