肌寒い昼下がり


昭島市の猫

 昨日から今日にかけて、ここ最近では珍しいぐらい体調が良かったんだが、体力のほとんどを仕事で消費した上、1時間半ほど残業して職場を出たら雨が残っていてがっかり。スタート地点の拝島に着くころには、歩くのに支障ないぐらいになっていたが、あいにくこの時点で時刻は13時近く、昨日家を出てからすでに25時間を超えている。調子に乗っていると死にかねないので、散歩は1時間程度に留めておいた。
 雨のお陰で涼しい一日となり、散歩中は20℃にも満たなかったせいか、のっけから会いたい子に会えた。自宅の庭で瞑想中のシャム混1号。
昭島市の猫

 以前住んでいた家はこのすぐ近くにあって、前を通ったら新しい人が入居していた。民家に挟まれて暗かったこの路地もこの有様。街というのは休むことがない。
昭島市の猫

 次の猫は茶トラ白。水溜まりの水を飲んでいたが、俺に気づいて固まったところ。
昭島市の猫

昭島市の猫

 「まだ少し降っているようだね」
昭島市の猫

 野良にはありがたい恵みの雨だ。
昭島市の猫

 キジ白4号は定位置にいた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 眠いのか、落ち込んでいるのか、よく分からない顔つき。
昭島市の猫

 何度か呼んでみたが反応はなかった。
昭島市の猫

昭島市の猫

 こいつも定位置の灰白君。時々見かける相方の二毛は不在だった。
昭島市の猫

 最終的に某巨大神社バス停まで歩いたが、灰白のあとは1匹たりとも出会わず、バスで家の近くまで来て出くわしたのが今日最後の猫。
昭島市の猫

昭島市の猫

 こちらを意識しつつ、目を合わさないよう、そそくさと立ち去る黒白。挙動が女の人っぽいなと思って、おっぱいを見たら、まさにその通りだった。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 三浦市の猫
  5. 小田原市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 相模原市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 川崎市の猫

    2020.5.17

    サス残し
  7. 府中市の猫

    2020.5.15

    市内を開拓
  8. 福生市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP