ブログの更新頻度について


昭島市の猫

 異動先の勤務内容詳細がようやく明らかになり、今後は今までのように頻繁に更新できなくなることが分かった。細かいことは色々あるが、いちばんの理由は、日勤の始まりが8時、夜勤の始まりが20時となり、明るい時間帯に散歩することが難しいからだ。
 一日一猫というタイトルの通り、もともとは、通勤時に見かけた猫を、毎日1~2匹紹介するつもりでブログを立ち上げた。猫探しが面白くなるにつれて、わざわざ遠回りしたり、遠征に出たりして、見つけられる猫の数も増えていったが、それでも「撮った写真はその日のうちに載せる」という原則は、なるべく守るようにしてきた。なぜかというと、外猫との出会いは一期一会で、今日会った猫に明日また会えるとは限らないからだ。実際、この4年間で多くの顔見知りができた一方、どんなに会いたくても、もう二度と会えない子がたくさん存在する。そうした猫の写真を後出しで載せることに、俺は空虚を感じてしまう。
 更新頻度にこだわるなら、時間のある休日などに写真を撮り溜めておけばいい話だし、その方がSEO的に有利なことも分かっているが、そういう考えなので、今後も猫に会えない日は基本的に更新しない。毎日アクセスしてくださっている方には申し訳ないが、パソコン表示で左メニュー上部の「過去猫めぐり」をクリックすると、過去の記事がランダムに表示されるので、更新のない時はそちらをお楽しみいただければと思う。
 ……と書いた矢先に過去の写真を載せることになってしまってアレなんだけれども、最初の猫は一昨日撮った麦わら1号。一昨日は出会った猫の数が多くて載せ切れず、昨日は頭が痛くて更新できなかった。
昭島市の猫

 道路工事が本格化して、この細い路地が歩行者や自転車の迂回路になってからは、見かけることが少なくなっていた。元気そうで何より。
昭島市の猫

 しかし俺は、麦わら1号には避けられているのだった。目も合わせてもらえないまま、脇の家の庭に隠れてしまった。
昭島市の猫

 次の写真は昨日会った猫。異動先の着任日ということで、出勤ついでに、初めてとなる東大和市~新小平を歩いてみた。猫の気配は濃かったものの、14時出社という猫探しにはとても不利な時間帯。発情期と思しき鳴き声に助けられて、辛うじて1匹だけ見つけることができた。
東大和市の猫

東大和市の猫

 喉を転がすような鳴き声を上げながら、隣の家に入っていった。この区間はちょっと長いけど、面白そうなのでまた歩いてみる。
東大和市の猫

関連記事一覧

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 小平市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫

    2020.6.4

    鉄道沿線
  3. 昭島市の猫
  4. 新宿区の猫
  5. 多摩市の猫
  6. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  7. 小金井市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP