サビ色の地面


昭島市の猫

 今日の散歩は太陽に焼かれそうになりながら1時間あまり歩いて、命からがら駅に駆け込んだ。気温は33.7℃とそう大したことはなかったが、日差しのある時に歩きっ放しは危険だったかも知れない。猫の方も簡単には見つけられなかったが、何とか2匹だけカメラに収めることができた。
 1匹目は崖下で寝ていた茶トラ。河岸段丘崖に沿う旧街道を歩きながら、何となく下の方が涼しそうな気がして眺めていたら、丸くなっているのが目に入った。
昭島市の猫

 猫は4~5m下。砂利の駐車場はさらに下。
昭島市の猫

 一応呼んでみた。
昭島市の猫

 2匹目は完璧な保護色モードなので、とても分かりにくい。というか分からない。
昭島市の猫

 サビ猫の保護色は土の地面に落ち葉なんだな。君たちの毛色は本当によく出来ているねえ。
昭島市の猫

 本人は暑くて逃げる気力もない感じ。俺もさっさと切り上げたかったが、とりあえず駅まで行かないとどうにもならないので、頑張ってさらに30分ほど歩き続けた。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 三浦市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  2. 昭島市の猫
  3. 府中市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 奥多摩町の猫
  7. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP