艱難辛苦の立秋


八王子市の猫

 最近、我が家の猫たちに起こされる時間が早すぎて辛い。今日も夜勤だというのに8時前から遊べコールで起こされて、二度寝しようにも朝から暑いので一度起きたら二度と寝られない。今は留守番が長いので、一緒にいる時に遊びたがるのは仕方がないと諦めているが、真夏になって体のキツさに拍車がかかった。暑さはあとどのくらい続くんだろうな……。
 今日の最高気温は33.2℃。散歩の方は通常通り実施したが、いるかどうか定かでない場所を彷徨う気力はなかったので、八王子の猫拠点のメンバーに助けを借りることにした。とはいえこの炎天下、わざわざ出てきてモデルになってくれるとも思えない。昨日も仕事帰りに片倉から歩いてダメだったし、また休載かもなーと思いながら、夏祭りに沸く歓楽街に突入したのだった。
 建物の隙間に暑苦しいのが1匹。気持ちいいのか悪いのか、よく分からない体勢で固まっていた。
八王子市の猫

 この子に会うのは確か2回目。1回目は一昨年の7月下旬で、その日は今日以上に暑い36.5℃だった。長毛の出で立ちにもかかわらず、何でこんな暑い日にばかり会うかね。
八王子市の猫

 ダメかと思っていたけど、意外に出ているね。しかもちゃんと意識があるようだね。
八王子市の猫

八王子市の猫

 35℃を超えると空気が熱く重くなった感じで禍々しさに満ちてくるが、今日ぐらいなら日陰にいればそんなでもない。ただし撮影者(つまり俺)は日なたなので、早くもくらくらして死にそうになってきた。
八王子市の猫

 「隣の車の下なら空いているよ」
八王子市の猫

 とことこ。
八王子市の猫

 隣の路地にも猫の姿あり。待ってくれー。
八王子市の猫

 この子にも何度か会ったことがあるが、記憶とずいぶん印象が違って見える。ポイントカラーは体温の低い部位の毛色が濃くなるので、暑い盛りの今は、春先だった前回(2013年3月)より顔面の色がやや薄い。印象が違うのはそれが原因かも知れない。
八王子市の猫

 久しぶりのシールポイントはとっとと逃げて、再びさっきの場所に戻ってきた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 あー、この子、いつかの三毛だらけの日にも見かけた子だー。
八王子市の猫

 「君たち知り合いだったの」
八王子市の猫

 さっきまで車の下で寛いでいた茶トラ白が出てきて、代わりに三毛が涼みに入った。おっぱいの感じが産後のようにも見えるが、前回会った時も被毛が薄かったので、お腹をよく舐める子なのかも知れない。我が家のマコちゃんも暇さえあれば太鼓腹を舐めてばかりいる。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 小金井市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 相模原市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 府中市の猫
  8. 川崎市の猫

    2020.5.17

    サス残し

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP