私のパイプ


立川市の猫

 昨日から二日間の休暇は引っ越し関連の準備が目白押しで、平山と分倍を行ったり来たりしただけで終わった。今回の引っ越しはいつもより格段に工程が多く、今までのように、当日までのんびり猫を探すようなことはできないかも知れない。時間は作れても体力が持たない。最近は寒いせいか腰も痛く、この時期に悪化でもしたら洒落にならん。
 今月末に香港台湾プチ旅をぶち込んだのは、俺の不注意としか言いようがない。もともと昨年10月下旬ごろ引っ越す予定だったのに、想定が甘かったせいで、来月中旬までずれ込むことになった。しかも往路には香港エクスプレス航空という叩き売り系の航空会社を選んだので、フライトの変更には高額な手数料がかかるしキャンセルもできない。旅程を変えるなら、事実上チケットを放棄するほかないわけだが、2016年にも一度放棄したことがあるので、同じことを繰り返すのはイヤだった。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、とにかく腰が痛いので、今日は散歩せずに、新居の掃除だけして帰ってきた。以下に紹介するのは昨日見かけた猫たち。
府中市の猫

 新居近くに住む黒煙ちゃん。今のところ7割ぐらいの確率で会えている。
府中市の猫

府中市の猫

 しかもとてもフレンドリー。会うと毎回転がってくれる。
府中市の猫

 昨日はお昼前から時間が空いたので、久しぶりに立川の外れまで足を伸ばしたんだが、曇って暗くて寒くて、おまけに途中から雨まで降ってきた。猫の方もまったく振るわず、7.6kmも歩いて見かけた猫はわずか4匹。俺はもう台湾に移住した方がいいのかも知れない。
 あれに見えるは団地のサバ白。8ヶ月ぶりだけど元気そうで何より。
立川市の猫

立川市の猫

 大きな声で鳴きながら大白斑の黒白も現れた。悪いけど今日はお土産ないんだよ。
立川市の猫

 「マジですかー」
立川市の猫

 団地の2匹のあとは歩いても歩いても猫影まったくなし。勝手口に張り付く茶トラに遭遇したのは、1時間10分後のことだった。
昭島市の猫

 動いてもいいことなんかない寒空の下。目を閉じてじっとしている。
昭島市の猫

 この場所で見かけたことは何度かあると思うんだが、帰宅してから調べたところ、意外なことに直近は2016年3月だった。もう少し最近のことだと思ってた。
昭島市の猫

 この日最後の猫は麦わら。
昭島市の猫

昭島市の猫

 逃げるでもなく、懐くでもなく、パイプの上に張り付いたまま動かない。具合でも悪いの?
昭島市の猫

 ……と思ってよく考えたら、このパイプ、温水が通っているんだ! 君はいい場所を知っているねー。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 奥多摩町の猫
  2. さいたま市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 国立市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 相模原市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  4. 昭島市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP