黒猫をカッコ良く撮りたい


国立市の猫

 昨日は一日中雨に降られてお休みしたが、今日は朝からいい天気で気温も高かった。こう暑くなってくると、あて処もなくただ歩き回るのが辛くなってくるので、今朝は恐らくいるであろう矢川の疎水べりに行ってみた。
 まずは駐車場でごろごろしていた2匹。
国立市の猫

国立市の猫

 キジトラは車の下に潜ってしまい、キジ白が残った。疎水べりのこの公園には何匹かの猫が常駐しているが、それほど人懐っこくないので、あまり近寄れない。
国立市の猫

 意味不明の標柱だと思っていたら、どうやらこれは公園の門柱らしい。黒猫は日陰の方がまともに撮れるな。オートだとシャッタースピードで露出をオーバー気味にするので、ブレやすいのが曲者だけど。
国立市の猫

国立市の猫

 上手に撮れれば黒いのもカッコいいんだけどなあ。
国立市の猫

 こいつもいつものメンバー。
国立市の猫

 公園をあとにしてゆっくり歩いていると、広い路地の向こうにキジトラがいた。この子も何度か会っている。
国立市の猫

国立市の猫

 朝日が眩しいねえ。
国立市の猫

 朝の猫はみんな何度か会っている子ばかり。この子はオッドアイの黒白。
立川市の猫

立川市の猫

 西国立駅の近くまで来て茶トラに出くわした。この子はいつまで経っても童顔のままだ。
立川市の猫

立川市の猫

 日中は26℃まで気温が上がって暑かった。こんな天気じゃ大方どこかに引っ込んでしまっていないんだか、タイミングが良ければ日なたに出ているのもたまにいる。
国立市の猫

 あれ、こいつがこちらに向かってくるのは珍しいな。いつも逃げるのに。
国立市の猫

 3m手前で止まってしまった。次回は2mに挑戦しようか。
国立市の猫

 久しぶりに立ち寄った駐車場。いつも見かける三毛は見あたらなくて、代わりに小柄なキジ白がいた。
立川市の猫

 にゃあにゃあ鳴きながらこちらにやってきた。
立川市の猫

 ごろーん。
立川市の猫

 キジ白を構って遊んでいたら、敷地内の会社に勤めるおじさんが現れたので、挨拶して少し世間話をした。この子は年を取って食が細くなって、以前よりだいぶ痩せたんだそうだ。うちのサチコも、もっと年を取ったら、こんな感じになるのかな。日なたはきついだろうから、日陰で休んでおくれ。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 小平市の猫
  2. 中央区の猫
  3. 福生市の猫
  4. 小金井市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫

    2020.6.6

    夏の始まり
  2. 府中市の猫
  3. 日野市の猫

    2020.6.4

    鉄道沿線
  4. 昭島市の猫
  5. 新宿区の猫
  6. 多摩市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  8. 小金井市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP