青春プレイバック(1)


渋谷区の猫

 今日の猫散歩は「青春プレイバック」の第1弾。若いころ、俺は服を着替えるように引っ越ししていたので、東京を中心に色んな場所に住んだ。そんな場所を訪ねて猫を探し回るのがこの企画。これから夏になって暑くなるので、次回はだいぶ先かも。
 今日散歩したのは、ハタチのころに住んでいた渋谷区幡ヶ谷。当時も家の周りには夥しい数の猫がいたように思うが、その記憶に違わず、昼下がりだというのに狭い範囲で何匹も見つけた。都下はこれほど猫密度が高くないので、時になかなか見つからなくて苦労するが、いすぎるのも逆に大変かもなあ。
 駅を降りてまもなく、細い路地の突き当たりに茶トラを発見。
渋谷区の猫

 ……その前に、真横の民家にサビ猫がいたので撮っとく。
渋谷区の猫

渋谷区の猫

 サビ関係を終えて茶トラの方に行くと、隣にもう1匹いた。人慣れしているのか、カメラを向けても無関心。
渋谷区の猫

 そこへ黒白が現れた。
渋谷区の猫

 ぴんと立った尻尾といい、一直線に向かってくる様子といい、これはアレだな。
渋谷区の猫

 ごろーん。
渋谷区の猫

 ごろーん。
渋谷区の猫

 あへーん。
渋谷区の猫

「いいものを見せてもらいましたな」
「なんまんだぶなんまんだぶ」
渋谷区の猫

 その後、昔住んでいたアパート(の跡地)を見に行ったり、記憶を頼りに迷路のような路地をぐるぐる歩いていると、民家の敷地に三毛がいるのを見つけた。
渋谷区の猫

 やっぱり無関心ぽい。
渋谷区の猫

 マンションの敷地で伸びていた茶トラ。
渋谷区の猫

 今日の都心の気温は23℃ぐらい。真っ昼間でも比較的見つけられたのは、薄曇りだったからかも知れない。
渋谷区の猫

 向かいの駐車場にもサビがいた。近所の住人らしき男性が話しかけてきたので、会話しながらの撮影。最近は携帯やスマホで撮影する人が多いので、一眼レフを構えているのを見て嬉しくなったらしい。恐らくカメラ好きな人なのだろう。
 猫を撮影していると、猫が好きな人、猫が嫌いな人、カメラ好きな人、特に理由のない人など、実に様々な人が話しかけてくるので面白い。
渋谷区の猫

 昔の家の周りはこれぐらいにして、帰途につくため代々木の方に向かって坂を下りた。何度か散歩した大田区と同様に、カオスのような細い路地がとても懐かしくて、また住みたいと思わないでもないが、去年の震災以降はちょっと微妙だ。あんな場所で火事でも起きたら大変だからなあ。
 ……などと考えながら歩いていると、駐車場の車の下に生命反応を感知した。薄色の縞二毛かな。
渋谷区の猫

 お、こっちに来た。ごろーんですか?
渋谷区の猫

渋谷区の猫

 あらら。
渋谷区の猫

 がっくり。
渋谷区の猫

 民家の軒先に黒白がいた。通りかかったら先客に構われていたので、その辺を一回りしてから撮影。
渋谷区の猫

渋谷区の猫

 さっきの人にはごろごろしていたのに、俺が近寄ったら逃げてしまった。なんてこったい。
渋谷区の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 羽村市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 所沢市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  5. 宮古市の猫
  6. 久慈市の猫
  7. 三鷹市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP