台湾猫巡り(3)


基隆市の猫

 今日も夜勤なので、この記事が予約投稿で公開されるころは、会社のパソコンに向かって寝ているか起きているかのどちらかだ。夜勤前に会った猫は当日中に載せられないので、今日は先月末の台湾猫散歩の3回目を紹介する(前回はこちら)。
 旅の2日目(1月27日)は雨の淡水から始まった。海外旅行としては極限まで少ない荷物で訪れていて、雨具なども持っておらず少し困っていたが、時間の経過とともに南方の空が明るくなってきた。ちょうど淡水駅で猫を見つけたところで、そのまま捷運に乗って移動すれば、天気が好転するかも知れないと思い、次の目的地である瑞芳へ向かうことにしたのだった。
 乗り換え駅の台北には40分ほどで到着した。持参した時刻表によれば、台東行きの莒光号(急行列車)に間に合うはずだったが、待てど暮らせど列車が来ない。発車時刻を過ぎて、さてはホームを間違えたかと思ったところで、無情にも目の前を発車していった。台北駅はホームが長く、地下駅のため見通しも悪く、到着していたことにまったく気づかなかったのだった。
 仕方がないので後続の区間車(普通列車)に乗ることにして、下車駅も2駅手前の暖暖に変更した。猫を探しながら瑞芳~暖暖を歩くつもりでいたが、向きはどちらでも構わない。莒光号は暖暖には止まらないが、区間車に乗るなら、瑞芳より土地鑑(というか猫鑑)のある暖暖からスタートした方がいいかも知れない。
 蘇澳行きの区間車に乗り、暖暖に到着したのは11:06。曇っていて風が強かったが、雨は降っていなかった。1年1ヶ月ぶりとなる線路端の小径を老街に向けて歩いていると、道端の家の前に1匹の猫が佇んでいた。
基隆市の猫

 もとい、2匹の猫が佇んでいた。
基隆市の猫

 あらら、4匹だ。
基隆市の猫

 「可疑日本人來了。你是來偷我的菜嗎?」(怪しい日本人が来たぞ。僕のご飯を食べに来たのか?)
基隆市の猫

 君は若いのに疑い深いね。君たちの写真を撮りたいのと、あわよくば遊んで行きたいんだよ。
基隆市の猫

 「それなら家主に聞いてくれ。中にいるから」
基隆市の猫

 そんなやり取りがあったかどうか定かではないが、家の中から様子を窺っていた婆さんが出てきて、猫たちを紹介してくれた。それぞれ名前があるらしいが、すべて台湾華語なので、何を言っているのかも、どんな漢字を当てるのかも、さっぱり分からない。曖昧な笑みを浮かべつつ、「ほう」とか「可愛いねえ」などと相槌を打ちながら、10分ほど会話にならない会話をした。写真は婆さんと一緒に出てきた人懐っこい黒。
基隆市の猫

基隆市の猫

 外に出られたのが嬉しいのか、黒はその辺を走り回っている。
基隆市の猫

 「娘娘様のところにも仲間がいるから、行ってみるといいよ」
基隆市の猫

 猫缶を開ける音を聞いて猫たちが騒ぎ出し、お昼ご飯が始まったところで撮影終了。言葉はまったく通じなかったが、婆さんがこの辺りの猫の面倒を見ていることや、俺が猫好きの日本人ということぐらいは分かり合えたはずだ。最後にお礼を言ってその場を離れた。
基隆市の猫

 キジトラが教えてくれた通り、娘娘様の裏には数匹の猫が集まっていた。
基隆市の猫

 ここは前回も訪れた場所。おこぼれを待つ猫たちで賑わっている。
基隆市の猫

 「君の噂は聞いているよ。ずいぶん前、痩せた日本人が現れて、もの欲しそうな顔で僕たちを見ていたって」
基隆市の猫

 小柄な黒はそそくさと逃走。前回も会った子のように思うが、黒だけに判別不能。
基隆市の猫

基隆市の猫

 遥か彼方に落ち着いた。遠目にもおっぱいが見えるから、お母さん猫かも知れない。
基隆市の猫

 「ご飯をもらいに来たなら、ちゃんと並んでくれよな」
基隆市の猫

 「私の順番抜かさないでー」
基隆市の猫

 台湾の人々が親しみを込めて娘娘様と呼ぶのは、海の安全を守る媽祖様という女神様。猫たちの集まる媽祖廟をあとにして、瑞芳に向けて歩き出すと、ほどなく次の猫が視界に入ってきた。
基隆市の猫

基隆市の猫

 ねえねえ、忙しいところ悪いけど、ちょっとだけ写真を撮らせておくれよ。
基隆市の猫

 「うん、いいよ」
基隆市の猫

 見せてくれた毛色はクリーム色。台湾で薄色を見たのは初めてかも。謝謝、ありがとね。
基隆市の猫

 暖暖老街を抜けて住宅街の外れまで来ると、人影も猫影もまばらになった。台湾というのは日本以上に山国であり、瑞芳へ至るにもいくつかの山(というか丘)を越えなければならない。暖暖に着いてから1時間経つというのに隣駅の四脚亭すらまだ遠く、体力的にやや不安を感じながら歩いていると、バラック的な建物の上に茶色いのを見つけた。
基隆市の猫

基隆市の猫

 「お昼寝の邪魔をしないでくれよ」
基隆市の猫

 最後に紹介するのは逃亡直前の茶トラ。このあと基隆河の支流を渡って隣町に入り、猫たちとの出会いはさらに大賑わいとなった。続きは普段の散歩の合間を見てまた載せる。
基隆市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 府中市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 奥多摩町の猫
  6. 和光市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.6.4

    鉄道沿線
  2. 昭島市の猫
  3. 新宿区の猫
  4. 多摩市の猫
  5. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  6. 小金井市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP