毛色に合った場所


立川市の猫

 朝から曇っていた今日は、西国立あたりを散策してみた。日中になると見つけにくい季節になってきたので、朝の散歩を頑張るしかないわけだが、これ以上早起きするのは辛いものがあるので、下り電車に乗る気にはなかなかならない。下りに乗るということは田舎に向かうということでもあり、いればいい絵が撮れるかも知れないが、猫密度というのは人口密度に比例しているから、効率が悪くなるんだよな。
 今日の最初の猫は、アパートの周りをうろうろしていたキジトラ。柱のところにキジ白もいる。
立川市の猫

立川市の猫

立川市の猫

 足元にすりすりしたりして、割と人懐っこいキジトラだった。このほかに白いのもいたんだが、あっという間に逃げられた。
立川市の猫

 これはちょっと遠すぎたかな。そんなに分かりにくくはないと思うけど。
立川市の猫

 軽ワゴンの下に目つきの悪い三毛が1匹。
立川市の猫

立川市の猫

 南武線の踏切を渡ると、たまに見かける茶色の無地がいた。こいつの毛色はシナモンかフォーンだと思うが、野良にはほとんどいない色なので、未だに確信が持てない。
立川市の猫

立川市の猫

 ここはチョビ1号の家の近く。最近この家ではさらに猫が増えたらしく、たぶんこの子もそのうちの1匹だと思う。
立川市の猫

立川市の猫

 七三ファミリーの駐車場にも寄ってみた。今朝は婆さんと子供A。
立川市の猫

立川市の猫

 最後の猫は会社近くをシマにしているサバ白。これは自分でもよく気づいたなと思う。
立川市の猫

立川市の猫

 昨日の神社のキジトラといい、猫って自分の体毛の色に合った場所が分かっているのかも知れない。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  4. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  5. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  6. 多摩市の猫
  7. 立川市の猫
  8. 日高市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP