Japanese Traditional Kijitora


立川市の猫

 昨日は午後から体調を崩したので、帰ってきてから写真の整理だけして早く寝てしまった。今朝も芳しくなかったので散歩はお休みして、仕事も午前中だけ出て帰ってきた。ソファやベッドでちょっと横になるとすぐに寝てしまうので、疲れが溜っているのかも知れんなあ。社会人はみんなそうだろうけど。
 で、昨日の猫。立川駅から猫旅館を経由して、路地だらけの街に抜けるコースを1時間ほど歩いてみた。猫旅館ではとっくに朝ご飯の時間が終わっていて、残っていたのはキジ白1匹だけ。
立川市の猫

立川市の猫

 ほかの猫たちは思い思いの場所で食後のまったりタイムを過ごしている。
立川市の猫

 せっかくいい天気なんだからさ、ちょっと日なたに出てみない?
立川市の猫

 「だってさ、どうする?」
立川市の猫

 「しょーがねえなあ」
立川市の猫

 しばらく行くと、路地の隅にキジ白がいた。
立川市の猫

 「写真を撮るならこっちがいいな」
立川市の猫

 「はい、どうぞ」
立川市の猫

 次は、ごろーん。
立川市の猫

 ごろーん。
立川市の猫

 その傍らを、朝帰りと思われる若者二人が「可愛いな」「おう」などと小声で話しながら通り過ぎて行った。猫より人を撮った方が面白い気もするんだが、今は色々ややこしいからなあ。
立川市の猫

 路地だらけの街では何匹もの猫を見かけたものの、隠れ場所が多いのでなかなか捕捉できず、唯一撮影できたのは、道の真ん中で行き倒れ的に寝ていた黒白1匹。
立川市の猫

立川市の猫

 時間がなくなってきたので、少し急ぎ足で会社に向かっていると、駐車場の奥に三毛がいるのを見つけた。
立川市の猫

立川市の猫

 なんか疲れてるね。俺が猫の姿をしていたら、こんな感じなのかな。
立川市の猫

 会社近くの駐車場にはいつものジャパニーズ・トラディショナル・キジトラがいた。というわけで、君は今後「JTK」と呼ぶことにしとく。
立川市の猫

立川市の猫

 お昼休みは体調が下降気味だったので、南武線の線路の向こうまで行って帰ってきただけ。
立川市の猫

 このブログではあまり出てこないブルーポイント。野良ではなく近所の飼い猫。遺伝子型はddcscsだろうが、品種は知らん。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 国立市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 国分寺市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  3. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  4. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  5. 多摩市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP